2009年 02月 22日
ほっこり食工房 塩ポン酢
昨日はお天気も良かったのですが、やっつけることが多くってw
先週の橙ちぎりの「橙仕事」が待っていました。

家族総出で(3人やけどw) がんばりましたよぉ~~

まずは、米袋一袋分を・・・・洗い→切る→絞り→漉し→調合 の作業です^^

c0116730_1161226.jpg




まずは、塩ポン酢を仕込みましょうということで・・・・・
c0116730_11103992.jpg

鰹節をコレでもかと、シュッ、シュッと削ります^^

c0116730_11154555.jpg

左の手は息子どん、右の手が私です、息子も鰹節削りは慣れて入るものの、

「母ちゃんの削る音と違う!」と一言、そりゃそうでしょう~年季が違いますもん(笑)

それでも、よく手伝ってくれるのでとっても助かります。

また、こういう作業をさせることによって、鰹節を見たときに、
「あぁ~、昔は自分でも削っていたなぁ~」と、思い出すのかなと^^


塩ポン酢の材料


c0116730_1113297.jpg

 橙果汁 3.5リットル、柚子果汁 700cc、米酢 700ccです。

c0116730_11142334.jpg


 大鍋 本みりん 3.15リットル、酒 700cc、砂糖 210グラム、塩 280グラム、
出汁原料として・・・・出し昆布、鰹節です。

大鍋の本みりん、酒に出し昆布を入れて火にかけ、沸騰前にコブを引き上げます。
(出汁コブは、次回「佃煮」にします、捨てませんよぉ~~)
続いて、砂糖と塩を加え煮溶かします、火を止めて大量の鰹節を投入。
※ この時に混ぜたりしないでくださいね。
出汁が出たら、さらしの布巾で漉します。
※ さらしの布巾を絞ってはいけません!自然にすためてくださいね。

何故かというと、お吸い物に使う雑味ない一番だしを取るためです。

本みりんと酒が、ある程度冷めたら、酢と橙、柚子果汁を加えて終了です。


瓶詰め作業


c0116730_1048934.jpg

全体で9リットル近く出来上がりました。
我が家で2番目に大きな鍋(39cmの別名 公民館鍋)で調合しましたから。
一升瓶に3本、それから、お世話になった方々へのお土産用に小瓶に詰めました♪


倉○食工房に対抗してのほっこり食工房を開店したわけですが・・・・
よくよく考えたら・・・・材料費のことを考えると、結構なお値段になるんですねぇ~~
とてもお店で売ることは出来ません(笑)

まだ、米袋に二つ橙が残っています・・・・今朝、また一袋絞ったから・・・・残り一袋です。
柚子果汁が残っているので、もう少し「塩ポン酢」を仕込みます。
計画性のないB型の私ゆえ・・・・本みりんが足りなかった><

お父ちゃんにも言われました「量ってなかったんか?!やっぱり、B型やねぇ~!!」だってww

次回は、馬○村風ポン酢を仕込みますよん(^^)v

[PR]
by hokkori-hime | 2009-02-22 11:17 | 保存食


<< 出し昆布で佃煮 柚子仕事 >>