2009年 05月 27日
青梅~ぬか床まで~
お父ちゃんが、知り合いのところから梅をちぎってきましたぁ~~♪
今年は梅の実が少なめらしいです。。。。
とりあえず、2,6kgありましたよん。

まずは、何にいたしましょう・・・・・梅酒は10年ものから、ずらぁ~とあるし・・・・
でも、今年の梅は今年限り、やはり、少しだけ(一ビン)漬け込みました^^


c0116730_1013223.jpg

キズ梅を除けたら、2,2kgになりました。
ヘタ?ナリクチのところもそのままで(どうせ、出来上がったら漉しますからねぇ~~)
氷砂糖 1kg、ホワイトリカー 2,4リットルを注いで、ラベルに分量、日付を入れて出来上がり。

あと、「梅エキス」をどうしようかと、考えたのですが・・・・
これまた、昨年、一昨年のが残っているので、今年は作りません。
作り方は、昨年のこの記事からどうぞ・・・・



我が家のぬか床 159歳


またひとつ、年を重ねて、我が家にやってきてから19年!!
息子よりも長い付き合いです^^
本家には、ぬか床を守ってきた女たちの「家系図」があるくらい・・・・


c0116730_10231458.jpg

さて、梅酒のときに除けた「キズ梅」をぬか床に入れますよぉ~~
昨年入れた「キズ梅」と選手交代です。
梅仕事をするたびに出た「キズ梅」をポンポンぬか床に加えていきます。
青梅の殺菌力は、ホルマリンの3千倍とか・・・・その力をぬか床にもいただきます。
もちろん味もよくなりますよぉ~~
それから、昨年冷凍しておいた「山椒の実」をすり鉢で半殺しにして加えます。
我が家のぬか床は、山椒の香りが抜群にいいんですよぉ~お伝えできないのが残念><

これから、畑のきゅうりや茄子をつけていただきます^^

冬の間も休ませることなく、混ぜ続けていたのですが、やはり味が落ちていますからね、
今から調整していきましょう~~


晩御飯



c0116730_103826100.jpg

ソラマメとイカのバター炒め
ソラマメは冷凍保存していたものですね、コレがね、美味しいのよ!!
イカのいい味がでてね^^

ねぎ入り卵焼き・・・・
卵 4個に対して出し汁を100cc加えて、砂糖 少々、みりん 小さじ1、薄口醤油 大さじ1/2
塩 少々加えて、刻んだねぎも入れて焼いていきます^^
添えた大根おろしは、畑で取れたもの、春大根は辛味があってよろしい。

味ご飯・・・・鶏肉、干し椎茸、人参、コンニャク、油揚げ、冷凍保存したピース豆。
ポイントは、油揚げと鶏肉に下味をつけておき、炊き上げる前に下味の汁を米に加え、
水加減をして、具材をのせ炊き上げます。

あと、お味噌汁があったんですがw 撮り忘れました><

[PR]
by hokkori-hime | 2009-05-27 10:48 | 季節の果実


<< 159年のぬか床をプレゼント 体育祭 >>