2011年 10月 07日
栗の渋皮煮
こんにちは~2,3日前には寒くって、コタツ布団がほしいくらいw
昨日からは少し暑いくらいの気温・・・週末はお天気がよさそうです。

さて、前回の続きの栗を使いまして、「栗の渋皮煮」です^^

段取りとしましては・・・・
栗の皮を剥く前に、ストーブの灰に水を注いで灰あく汁の準備から。

c0116730_1057890.jpg


濁った灰あくの澄んだ上水を使っての栗のあく抜きです。

灰あく水が澄むまでの間に栗の鬼皮むきです。
栗のお尻の部分の境目に包丁を当てて、引き剥がすような感じで。

c0116730_10582225.jpg


ホーロー鍋に渋皮の栗と灰あくの上水を静かに注いで煮ていきます。
弱火でコトコト30分くらいかな。
赤茶色の煮汁・・・・

c0116730_10592276.jpg


煮あがったら静かに水を注ぎ、手が入れられるくらいの温度まで下げて、
栗に残った筋を指でこするようにして除きます。

c0116730_10595072.jpg


c0116730_10585836.jpg


つるつるのマーブル模様のべっぴんさん♪

さらに鍋に水と栗を入れて茹でます。
灰あくのクセを抜くとともに、栗を完全に柔らかくするんですね。

時間にして10分ほど、途中で栗を渋皮ごと味わってみてもいいですね。

茹で上がったら水を切ります。

ホーロー鍋に栗の8割の砂糖と水を1カップ加えて蜜を作ります。
水気を切った栗を加えコトコトと30分ばかり煮て火を止めます。
完全に中まで糖分をいきわたらせるために、一晩そのまま。

味は冷める時にしみ込みますからね。

翌日、栗を味わって見てしみ込み加減や甘さを確かめて、

まだしみ込みがたりなかったので、砂糖を少し足してさらに15分ほど

またそのまま1日置いておきました。

翌日、さらに火にかけてから塩少々を加えて出来上がり。

さっそくのお味見(^v^)

c0116730_1104416.jpg


この栗を食べると・・・栗は渋皮煮に限るわ~とシミジミ思います。

消毒した保存ビンに栗とシロップを注ぎます。
そのビンをお湯で茹でて煮沸消毒して出来上がりです。

c0116730_111168.jpg

[PR]
by hokkori-hime | 2011-10-07 11:02 | 保存食


<< りんごバター♪ 発芽と実りの秋♪ >>