2012年 07月 06日
実験!ジャガイモの逆さ植え
おはようございます^^
雨の被害があちこちで出ているようですが、皆様のところは大丈夫でしたか?

さて、雨が続くほっこり地方ですが、
遅めに植えつけたジャガイモ「北あかり」を掘りあげました。

c0116730_813526.jpg


「現代農業」の4月号に掲載されていたものです。

えぇぇ~~こんなんでちゃんと採れるとぉ~?
半信半疑ながら、駄目もとでやってみました。

植えつけたときの写真を撮るのを忘れていましたが。

まずはこんな感じ。
c0116730_844848.jpg


畝の大きさは、畳1枚分くらいです。
本のとおりに、切り口を上に向けマルチを

芽が伸びたところから、マルチを破って。
遅れると、芽が焼けてしまいます。
それから、破ったマルチのところには、
土を掛けておきます。
芋が緑化しないようにね。

上の枝を刈り取って・・・・

c0116730_894847.jpg


いざ、ご開帳~~(笑)

c0116730_8102437.jpg


どうよぉ~~!!コレ。

株元をアップで。
c0116730_8111646.jpg


覆土していないので、芋がごろごろ見えますね。
収穫にスコップや鍬は必要ありません!!
芋を「掘る」というよりも、「拾う」ですね。

c0116730_8152762.jpg


畳1枚分でコレだけ収穫できました。
チョッとぉ~奥様!!すごくないですか。
さらに良いのは、土に埋まっていないせいか?
毎年悩ましてくれる、「ソウカ病」が少ないということ。

注意点として・・・・
ジャガイモの葉が落ちてしまうまで遅れると、
マルチに直接光が当たり、内部が高温になり腐る事があるそうです。

まだ葉が青々としているか、黄色くなりかかった時が収穫適期だそうです。

今年の実験でよく判りましたから、
次回からは絶対にこの方法で栽培します。

菜園仲間の皆様!コレ、いけますわよぉ~
[PR]
by hokkori-hime | 2012-07-06 08:28 | 家庭菜園


<< 赤紫蘇の梅酢漬け 鼻血ぶぅーっ!!の原因は・・・・ >>