<   2007年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
2007年 10月 31日
いただきもの
 これ、なぁ~んだ?
c0116730_19253394.jpg





お父ちゃんのお友達から、いただきました(Oさんありがとうございます)。
こん棒のような、はじめ人間ギャートルズがもっていたような・・・・



ナントッ!これは「かぼちゃ」です。
新しい品種だということでした、が、この間テレビのニュースでこのかぼちゃが出ていました。

お名前は「宿儺(すくな)かぼちゃ」と言います。
中の種も取りましたから、来年は蒔いて見ようっと♪

 白菜・・・・結球するかしら
c0116730_20312721.jpg

 大量のヨトウムシ騒動もひと段落して、3度目の正直なるか・・・・白菜君
大きくはなって来ていますが、果たしてちゃんと結球してくれるかどうか・・・・そこが問題だなッ!


 晩御飯
鶏モモ肉のソテー 宿儺かぼちゃ、オクラ添え
c0116730_19543273.jpg

c0116730_19582087.jpg
 
どうでしょうか~、もも肉の身の厚い部分は包丁で削ぎとって、重石を乗せてじっくり、カリカリに焼き上げ、出てきた鶏油で宿儺かぼちゃのスライス、丸オクラをソテーしました。
鶏のおいしいとこだけ取りみたい おいしい^^
「タルタルソース」のあっさりバージョンを添えました。

このかぼちゃ君、姿の割りにホックリとして、あまーいです。
来年、がんばって植えよう♪

白和え
c0116730_2061033.jpg


味噌汁
c0116730_2094562.jpg



c0116730_2011390.gif


 器 お気に入り うつわ
c0116730_2020434.jpg

c0116730_2022851.jpg

 火襷 盃


c0116730_2027124.jpg

 背負い籠
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-31 20:13
2007年 10月 30日
紅玉リンゴ
 紅玉リンゴのポワール酒煮
c0116730_1328244.jpg

大好きな紅玉リンゴ、生協から届いた物を何にしましょうか~と「リンゴジャム」「リンゴバター」「コンポート」悩みましたが、ポワール酒を使ってレンジ煮に、決定!

c0116730_13313716.jpg






ボウルに12等分のリンゴを入れて、ポワール酒、砂糖を加えて、
レモンがなかったので、柚子の輪切りを2枚のせて、ラップをして10分ほどレンジでチンしました。
途中1度、取り出してから混ぜて、再度レンジに戻し加熱します。

後は、保存瓶に詰めて、煮沸してバッチリです♪ コレでいつでもつかえます。

リンゴの種
c0116730_13413961.jpg












10月18日に仕込んだ「林檎酒」
いいお色になってきました。
この林檎酒にリンゴの芯から
取り出した「リンゴの種」を
この「林檎酒」に加えます。
c0116730_1345331.jpg










リンゴの種だけを漬けた「リンゴの種酒」と言うのもあるそうです(myobentoさんより伺いました)。
「枇杷の種酒」の美味しさを知っているだけに、「リンゴの種」もあるだろうなぁ~と・・・・

アップルクリームパン
c0116730_16205555.jpg

さっそく、出来上がった「リンゴ煮」を使って、パンを焼きました。
自立するくらい固めのカスタードクリームを作り、リンゴ煮を細かく切った物を混ぜてパン生地で包み込みました(相変わらず、成型がヘタですが・・・・)。

爆発せずに、綺麗に出来上がってるでしょう・・・・ところが、どっこい・・・・

c0116730_16251342.jpg


半分が爆発でしたぁー(´д⊂)‥ハゥ
せっかくだからと、クリームを詰めすぎたのか?・・・・単に成型ミスなのか?
パン作りは、難しい、でも、息子は「クリームタップリで、ウメェ~!」と爆発物を見ても「いいっちゃ、食べられるんやき、腹に入ればおんなじっちゃ!」と、慰めなのか?

 晩御飯
餃子
c0116730_2062298.jpg


おひさしぶ~りネッ♪の餃子です(包むのがいまひとつイヤなので、息子の休みの日に作りました)。
c0116730_2025114.jpg





しわ無しが息子作です。
60個近く作るので、チマチマと包む作業が、どうしても好きになれない・・・・
食べるのは、大好きですが♪

我が家の秘密の素
c0116730_2074572.jpg


コレは、豚の背脂。
そう、ラードを取るヤツですねぇ~♪
コレを、茹でて、細かく切ッたものを餃子の具に加えると、とってもジューシーになります。
昔読んだ雑誌に、シュウマイに「背脂」を加えるというのを、読んで以来、「シュウマイにいいんなら、ぎょうざにもよかろう!」と加えだしました。
この背脂の効果は素晴らしいです!!
わざわざ背脂を買わなくとも、豚バラのブロック肉の脂の部分を削いで、冷凍しておけばOKです、ぜひ、お試しあれ。。。。

レバニラ炒め
c0116730_20143189.jpg



c0116730_20163949.gif


 器 お気に入り うつわ
古高取 内ヶ磯 緑釉徳利(発掘品)
c0116730_20175970.jpg

高さ 20cm 径 12cm 
ヒモ作りで表面を磨いて釉掛けしてある。
形は風船に水を入れたような下膨れ、
どっしりして、緑釉がとても美しい。

洋剃り
c0116730_20253764.jpg

c0116730_20273784.jpg

岩崎航介 作  玉鋼洋剃刃
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-30 13:49 | 保存食
2007年 10月 29日
お日様パワー
 干し柿その後~いい感じになってます~
c0116730_1841880.jpg

c0116730_1853842.jpg






10月25日に吊るした渋柿
いかがですかぁ~♪
お日様を浴びて、素晴らしく良い色になってるでしょう。
この色は何色とたとえればよいのか・・・・
でも、暖かな温もりいろ。
ほっこり、幸せ気分になって、ほほが緩んでしまいます・・・・

 

 青柚子いただきました
c0116730_18155081.jpg

自分で作った「柚子胡椒」のあまりの美味しさ、香りのよさに、Tのおばちゃん家に「柚子胡椒」一瓶、穂紫蘇の佃煮、リンゴバター、持っていき、またまた「青柚子」をおねだりして、いただきました(おばちゃん、いつもありがとうね)。
c0116730_18252496.jpg

Tのおばちゃんも、「まぁ~、香りが良かねぇ~」と喜んでくれました。
皮を使う柚子胡椒、薬のかかっていない青柚子は貴重品です。

 家族総出で・・・・
c0116730_20133374.jpg

前回の柚子胡椒が、粒が歯に当たるということで、今回は、家族総出ですりこ木「ごぉり~、ごぉり~」とやりました、おかげでよーーく、スリ潰れました。

c0116730_20173613.jpg


 コレですよ~♪
ズッキーさん、コレですよ~
c0116730_2023458.jpg

 たぶん、見たら、あぁ~コレね、と思われたことでしょう。
コレが、「えびじょうけ」です。

dinoさん、コレですよ~
c0116730_20263246.jpg

 「のびる」はこれのことです、川土手などに良く生えています。
野生の葱のような物です、春に採って来たものが、香りが強く、野趣あふれるものです。
本当は、球根も掘り取って、サッと湯がいた物を、酢味噌を漬けていただくと、お酒がイケますよ~、その意味では「らんきょ」にも似ているかも・・・・・

hiroさん、コレですよ~
c0116730_20324769.jpg

 ペルーのスプーン、なに石でしょう?
いかが?いつでも、連絡くださいネッ♪
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-29 18:27 | 保存食
2007年 10月 27日
洋ナシ酒
 洋ナシ酒仕込みました
c0116730_20431144.jpg




洋ナシが出廻って来ましたねぇ~♪
日本の「シャリシャリ、シャク、シャク」とした梨も好きなのですが、
あの洋ナシの「香り」「ネットリ」感のある柔らかな歯ざわり等も捨てがたく、
家の家族は「洋ナシ」の方が好き。

それでも、「ポワール酒」の香りが忘れられず、一玉分だけリカーに漬け込みました。
芯に残っている「種」も入れましたよ~(枇杷の種酒が美味しかった物で、種を漬ける=美味しいの方程式が私の中で出来上がっているもので・・・・)
レモンはなかったので、柚子の輪切りを加えました。


 お出かけ先で・・・・
c0116730_2058459.jpg

30年近くのお付き合い、高取焼 内ヶ磯窯 友枝觀水さん(横のリンクからいけます)。

c0116730_2113459.jpg

                    新作の湯呑みとお茶碗

c0116730_21113313.jpg

 
c0116730_2122011.jpg

 優しい笑顔の奥さん、お話していると、まるで春の陽だまりみたいにいつもほっこり、
温かくなります。
 奥の欅の箪笥はお父ちゃんの提供。

c0116730_21193187.jpg

                 展示場内の手作り暖炉

c0116730_2134016.jpg


 くじ引きで・・・・
c0116730_21291460.jpg

 くじ引きで当たった「写真立て」
親子3人とも当たりくじでした~(*^^)v 息子が「このくじ全部、当たりやン!」と言っていたら
次の方は「ハズレ」でした。
 友枝さんから、「親子とも、くじ運がいいねぇ~」と言われました。。。。
(フッと・・・・宝くじは!?こうて帰ろうかと、考えましたが・・・・)
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-27 20:50 | 保存食
2007年 10月 26日
秋色タルト
 紅玉と栗のタルト
c0116730_19433625.jpg

 よくお邪魔している、dinoさんが「栗の渋皮煮」を使って、タルトを焼かれていたのを見て、オォ~!コレは美味しそうということで、マネッコいたしました。
大好きな「紅玉リンゴ」もありましたから、アーモンドクリームに混ぜ込んで、上に「栗の渋皮煮」をのせて、オーブンで焼き上げました。
 
初めてのタルト生地でしたが、ビギナーズラックなのか、大変美味しく出来上がりました。

 カボス胡椒
c0116730_19573843.jpg

Hさんから、綺麗なカボスをいただきました(Hさん、いつもありがとうございます)。
そこで、やっぱりdinoさんに教えていただいた「カボス胡椒」に挑戦です。

c0116730_2005069.jpg

柚子胡椒同様に、カボスの皮をミキサーでガーッとやっておいて、擂り鉢でスリスリします。
そして種を取った青胡椒を、ミキサーでガーッとやったのを加えてまた、スリスリ、塩少々、カボスの絞り汁を加え混ぜて終了。
 ※ 青胡椒を扱う際には、必ず手袋をしましょう、でなければ、カプサイシンでエライ目に合いますヨォ~!!


 晩御飯
c0116730_208411.jpg

● 麻婆豆腐 ● ニラの卵とじ ● スープ
c0116730_2035122.jpg

麻婆豆腐はマノアレタスの葉に包んでいただきます。
「カボス胡椒酢醤油」は、お漬物に使いました、香りは青柚子にはかないませんが、香りが少ない分使い道は多いかも♪

里芋のすいとん風スープ
c0116730_20193242.jpg







里芋三昧のこの方eight-bさんが作られていたのを見て、我が家もスープにアレンジしました。
牛の切り出しと白菜の千切りの中華風スープの中に、里芋団子(こふき芋のようにして、潰した里芋に小麦粉を加えて練りました)をポトン、ポトンと落としていきました、食卓で黒胡椒を挽いていただきました♪
おいしかった~、コレかなり使い道がありますよ~、ニョッキにしてもいいかもと、考えています。

ブログを始めてから、いろいろな方のアイデアをいただき、料理のアレンジが多くなってスッゴク感謝しています


c0116730_20485584.jpg


 器 お気に入り うつわ
c0116730_2056166.jpg

c0116730_20582480.jpg

                   ぐい呑み


c0116730_2101723.jpg

  剃刀 コレクション
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-26 20:26
2007年 10月 25日
干し柿
 渋柿のれん出来ました。
c0116730_19475031.jpg

さて、渋柿はイクツあったでしょう・・・・?
 吊るした渋柿を熱湯に通して、干しあげます(もう日が暮れかかっていたのでお日様には、明日当てます)。

お父ちゃんも剥いてくれました
c0116730_19515060.jpg


化学反応
c0116730_19534137.jpg

渋柿のタンニンと包丁のが反応すると、こんな風になります。

渋柿の皮
c0116730_19555849.jpg

なんとォッ!!156個分の皮です。
これは、干し上げて白菜漬け等に使います(渋柿の皮を入れると、とっても美味しくなるんですよ)。
本当のところは・・・・渋柿の皮が欲しかった(笑)
自分で剥いていながらも、よくも剥いたなぁ~と、自分で自分を褒めちゃりたい・・・・と思っていたら、わが息子が吊るしている柿を見て「ウワァ~、かあちゃん、ようがんばったねっ!」と・・・・
疲れが吹っ飛びました(´A`。)グスン


晩御飯
手羽先の葱塩焼
c0116730_20103163.jpg

柚子胡椒酢醤油
c0116730_20204846.jpg
 


 カプサイシンでエライ目にあった「柚子胡椒」を柚子の絞り汁、醤油を混ぜたタレをつけていただきました。。。。。
自分で作っていながらも、コレ、美味しい~~ィ♪ あれだけ泣かされた青胡椒ですが、少なかったみたいで、辛味はそうありません!?でもね、でもね、風味が抜群です。
お父ちゃん曰く「風味胡椒やねっ」ですと!!

かぼちゃとすきこぶの煮物
c0116730_20123728.jpg


味噌汁
c0116730_20282777.jpg


c0116730_20285753.gif


 器 お気に入り うつわ
花生け
c0116730_2038494.jpg

c0116730_20385734.jpg

      田中 佐次郎 作 朝鮮唐津花生け
20年ほど前に、佐賀県山瀬の窯場を訪ねた折に、展示場でお抹茶をよばれて、まわりに展示してある物で、「どれが好きね?」と聞かれ、素直に丁度花の活けてあったのに、目が留まり、
「コレがステキ♪」と答えたら、帰りに包んでくれました。


各国のスプーン
c0116730_20422084.jpg

 上から オーストリア スゥェーデン(銀製) ペルー

[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-25 20:29 | 保存食
2007年 10月 24日
渋柿狩り
 干し柿ように・・・・
c0116730_20161027.jpg

c0116730_1819285.jpg

 立派な柿の木でしょう。
柿の木の持ち主さんから、許しを得てちぎらせていただきました(ありがとうございました)。

熟し柿
c0116730_18262766.jpg

木で真っ赤に熟した柿がありました。
c0116730_18274856.jpg

ほれほれ♪ おやつにいただきました。
口と手を汚しながら(笑)ほおばると・・・・あまーい!種のまわりが、グミの様にプルッ、トゥルッ♪

お家で整理
c0116730_18241646.jpg

枝を整えて、ヘタを取って、準備終了(明日は皮むきがんばるぞ~~!!)

柿のヘタ
c0116730_18335164.jpg

コレって、漢方薬になるんでしたっけ?「柿のヘタ茶」とか、あったような??
 続きは、明日更新します。

 天狗の鼻
c0116730_20181921.jpg

c0116730_19511765.jpg

子供の頃に、こうやって鼻に乗せて遊んでいました♪ なにかわかりますか??

c0116730_19532540.jpg

中には、種が入っていました、コレで飛んでいって子孫を残すのでしょうね。
スゴイゾ! 天狗の鼻(自然薯の種の事です)。


c0116730_1957039.jpg


 器 お気に入り うつわ
茅灰鉄絵 湯呑み
c0116730_2093645.jpg

 

c0116730_20104632.jpg



















三河焼 七輪
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-24 18:36
2007年 10月 23日
グレナデンシロップ
 グレナデンシロップあるいは、ざくろシロップ
c0116730_1818511.jpg

ざくろ大小混みの5個分を、すべてバラしました(それにしても、綺麗でしょう)。

ジュースをとります
c0116730_18222955.jpg
 



 



 


たったのコップ2杯分しか取れませんでした。(´д⊂)‥ハゥ 
搾りかすの種は、もったいないので「ざくろ酒」に入れました。 

どうやって絞ったのか
c0116730_18245032.jpg

ジプロックにざくろの実を入れて、ただただ、潰していくだけ。
それを、漉してさらに絞る!!

絞り汁を小鍋で火にかけて、3分の2量まで煮詰めました。
水と砂糖を1:2で小鍋で煮溶かしシロップを作っておいて、ざくろジュースを加えて、さらに弱火で、3分の2量まで煮詰めました。

はい♪ 出来上がり
c0116730_18311741.jpg












熟し加減が足りなかったのかしら?色がほんのりピンクでした。

早速ケーキに♪
c0116730_1951189.jpg

 ガーーン!!ババロア生地の上にのせた、「グレナデンシロップのゼリー」が・・・・
固まらずに、流れてしまいました。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!

本当は、ババロアのクリーム色、ゼリーのピンクと綺麗な2層になるはずが(ゼラチン量が少なかった?)冷蔵庫掃除までするはめに・・・・

でもね、底に敷いたスポンジがグレナデンシロップを吸い取って、ババロアと絶妙な味加減!!
息子も「スポンジの汁とババロアが、スッゲー、マッチしちょう!!」と言ってくれました。

晩御飯
鰯の生姜煮
c0116730_20101949.jpg


里芋、水芋、牛すじの炊いたの
c0116730_20115856.jpg

さすが、国産牛のすじです、もっちり、プルプル♪

小さいおかず&ご飯
c0116730_2014964.jpg

初めての大根の間引き菜を使って「大根葉炒り・炒り」ちりめんじゃこと花エビをフライパンでから炒りします(こうしておくと、ジャコの臭みのような物が消えます)。
ごま油で茹でて刻んだ大根葉を炒めて、おじゃこも加え、お酒少々を振りいれて、鍋肌からお醤油をジュワッといわせて、混ぜて出来上がり。白いご飯が何杯でもイケます!!

相変わらず、がんばっている「秋茄子」を、焼茄子でいただきます。
お味噌汁は、息子の好きなニラタップリの「にら玉汁」を・・・・(青み野菜が、ニラしかないという状況でして・・・・情けない)

今日の収穫
c0116730_2032414.jpg

聖護院大根の間引き菜、「焼なす」という白茄子。


c0116730_2025581.jpg


 器 お気に入り うつわ
緑釉の皿
c0116730_2027119.jpg


お父ちゃんのバイク
c0116730_20285724.jpg

 ガソリンが高いので、コレで走り廻っています。
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-23 18:32 | 保存食
2007年 10月 22日
七輪でコーヒー焙煎
 七輪コーヒー焙煎講座~会員募集中~
c0116730_208398.jpg

 
 銀杏煎りの様な網に、選り分けたコーヒーの生豆を入れます(220gほど)。
c0116730_20144252.jpg

 
 絶えず、網を振ります(ムラが出来ないように)。
c0116730_20203136.jpg

 5分後
c0116730_20224769.jpg

 すこーし色づいてきましたヨォ~♪
第一回目の弾けの音が「パチパチ」言い出します。
豆の水分が抜けていくにつれて、豆振りの音軽い音に変わっていきます。

 12~13分後
c0116730_20372769.jpg

第2回目の弾けの音が「ピチピチ、プチプチ」としてきます、終了までもう少し、振り続けましょう。

 出来上がり
c0116730_2161176.jpg


c0116730_20413523.jpg


 炭を足します
c0116730_20432349.jpg







あとは、同じことの繰り返し、今回は4種類の豆を焙煎してもらいました。
これで、10日くらいは持つでしょう。
生豆1種類に付き、約20分位です、4種類で80分。
コーヒー好きの皆さん、トライしてみませんか~♪

 煎たての挽きたてのコーヒー豆は素晴らしく膨らんでくれます。
c0116730_20474751.jpg

我が家の好みは、ネルドリップ。
美味しいコーヒーを飲むために、息を殺してお湯を注ぎます(コーヒー入魂)。


c0116730_20534157.gif


手作り 豆煎り器
c0116730_21111730.jpg













カタログ等に載っているものを、お父ちゃんが真似して作りました。
なかなかでしょう♪
でも、↑の網籠の方が早くて、簡単みたい・・・・
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-22 21:03 | 嗜好品
2007年 10月 21日
いただきもの
 柿狩り
c0116730_20592456.jpg

 樹齢70年にもなるという柿の木です。
青柚子をいただいた、Tのおばちゃん家で柿ちぎりをさせていただきました。
お父ちゃんが、竹ざおを使って器用に、挟んで取ります。

c0116730_2141176.jpg











どげん?!
なかなかやろ♪ 
なんだか、こういう行事?モヨウシって楽しくって、ワクワクしちゃう♪

こ~んなに、たくさんいただきました(Tのおばちゃん、ありがとうねぇ~)。
c0116730_2181047.jpg


c0116730_21125283.jpg



ほ~ら、ゴマが入ってとってもあま~い♪

東北より北では、甘柿を植えても、渋柿にしかならないそうですが、
やまざるさんの辺りではどげん?
それに、新月の頃には、渋が戻ると言うのも聞いたことが(満月だったかなぁ~?)
どうしてそうなるのかしら・・・・?

 
 ベイリーフ
c0116730_21214165.jpg










コレマタ、おばちゃん家で月桂樹の葉っぱを枝ごといただきました。
今、軒の下で陰干し中です。
チョッと、触れるだけで月桂樹の香りが~~

 
 刻の宵
c0116730_21363356.jpg

 この間酒屋で見つけた日本酒です。
このお酒、日本酒でも25度もあります。
シェリー酒の樽に詰めて、寝かせた物だそうです、樽の香りがします、コレは好き好きがあるかも・・・・


手作りおもちゃ
c0116730_21513776.jpg

c0116730_21523010.jpg

c0116730_21531166.jpg

 昔は竹の棒で押して転がして遊んだ物ですが、今は道路に止めてある車に当たると大変なので、逃げないように「ワッカ」を付けてあります。
 やまざるさ~ん^^息子さんにいかが?
[PR]
by hokkori-hime | 2007-10-21 21:29