<   2007年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧
2007年 12月 31日
御節完了
 まずは、全景をば・・・・
c0116730_20151958.jpg


 一段目
c0116730_2018737.jpg

 上段  左から  黒豆        数の子   砂ずりオイル漬け
 中段  左から  紅白かまぼこ  菊花カブ  伊達巻
 下段  左から  栗きんとん    田作り   大根なます

 二段目
c0116730_20252165.jpg

 「海老の旨煮」 「椎茸の肉詰め」 「かに爪フライ」 「帆立のうに焼き」 

「錦卵」 「カリカリ梅」 「慈姑の煮物」 「サーモンのマリネ」

 三段目
c0116730_20311331.jpg

 「鴨ロースのローストブロッコリー添え」 「ぶりの柚香焼き」 「百合根揚げ」

 「お煮しめ (蓮根、里芋、金時人参、干ししいたけ、ゴボー、手綱こんにゃく、結び昆布) 

終わりました^^ お雑煮もアップしますネェ~

           それでは、皆様、良いお年を・・・・

                  また、お会いいたしましょう・・・・・
[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-31 20:38
2007年 12月 31日
おせち料理~その5~
 揚げ物
c0116730_16372242.jpg

 29日に仕込んでおいた「百合根揚げ」片栗粉を薄くはたいて、色よく揚げました。

「かに爪」にパン粉をつけて、揚げました。

年越し蕎麦用に・・・・
c0116730_16421338.jpg





油を出したついでに、

年越し蕎麦のトッピング用に、

芝海老と枝豆をかき揚げに・・・・


鴨ロースのロースト
c0116730_1647770.jpg

 
ぶりの柚香焼き
c0116730_16502728.jpg




お刺身用のぶりの尻尾のほうを、

酒、みりん、醤油のタレに、

柚子な輪切りを加えて、

しばらく漬けておき、

金串を打って焼きます。

c0116730_165520100.jpg

 非常に焦げやすいです、眼をはなさずに焼き上げました。

帆立のうに焼き
c0116730_16575346.jpg



塩うにと酒少々、卵黄を混ぜ合わせておく。

帆立の貝柱に、金串を打って、

両面を炙り、水気を取る。

そこへ、作っておいたタレを、

刷毛で、塗って焼く。

         一度に焼き上げようとせず、塗っては焼くを繰り返す。

お雑煮の用意
c0116730_1715171.jpg

 雑煮の野菜をだし汁で煮付けておきます。(里芋、蓮根、人参、椎茸、鶏肉)

博多のお雑煮に欠かせない、「カツオ菜」または、「勝男菜」を畑から抜いてきました。

 
c0116730_17253140.gif


今年も、あとわずか・・・・
     5月から始めた「ほっこり日記」ですが、たくさんの方々とめぐり合えました^^
          また、ここに来て、見てくださってる皆さん、ありがとうございます。
 
 これからも、どうぞよろしくお願いします。
       みなさん、どうぞ、よい年をおむかえくださいませ。。。。 


  重詰めのアップ・・・・8時過ぎになります^^
                         乞うご期待!?
[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-31 17:30
2007年 12月 30日
おせち料理~その4~
伊達巻
c0116730_2016944.jpg

 昨年から手作りを始めた「伊達巻」 わりと簡単に出来、お味はバッチリです♪
c0116730_20213137.jpg

 海老すり身(白身魚でも・・)を、擂り鉢でゴォリ、ゴォリあたります。

 そこへ、卵液(卵、砂糖、煮きりみりん、塩、薄口醤油)を少しづつ加え、よーく擂ります。

 オーブンを200度に余熱しておく。

 全部の卵液を入れたら、さらに擂り混ぜ、クッキングシートを敷いた天板へ・・・

 泡を消すような感じで、ゴムベラ等でならす。

 15~16分焼、150度に温度を下げて、3~5分焼き上げる。

 鬼すだれに、生地をのせて、2cm間隔で、包丁目を入れて、巻きやすくしてから、

 しっかりと巻き、両端を輪ゴムでしばりそのまま冷ます。

錦卵(二色卵)
c0116730_2033366.jpg

 
裏ごしをした、二色の卵を重ねて蒸します。

c0116730_20352445.jpg

ゆで卵6個分を作り、熱い内に殻を取って、

半分に切り、白身と黄身に分ける。

熱い内に、黄身に砂糖 大さじ4、塩 少々、
片栗粉 小さじ1/2 を混ぜ合わせる。

白身は裏ごしにかけて、

さらしの布巾で水気を絞り、

砂糖 大さじ11/2、塩 少々、
片栗粉 小さじ1/2を混ぜ合わせる。

続けて、黄身を裏ごしにかける。

流し函に白身をキッチリ詰めて、その上に黄身の1/3量を入れて軽く押さえる、

仕上げに、残りの黄身を振り掛けるように入れて、蒸し器で4~5分蒸す。

 (これはですね~、切り口の白と黄色の二層が、とっても綺麗です。)

煮しめ
c0116730_20502361.jpg


すべての材料を湯通しします。

ストックしておいた、お出汁をタップリ注ぎ、

同量の酒、みりん、と砂糖 少々、

薄口醤油を入れて味を調えて、火にかけます。

鶏肉も湯通ししているので、アクも出ません。

沸騰したら、薪ストーブの上へ・・・・

c0116730_2134160.jpg
途中、鶏肉は取り出します。

(鶏肉を美味しくいただくために・・・・)

食べる時に、戻して火にかけるといいです。



数の子
c0116730_2152066.jpg


c0116730_2182930.jpg

 米のとぎ汁に一晩つけて、薄皮を取っておく。

 鰹節をフライパンで乾煎りして、細かくしておきます(魚の臭みが消える)。

 だし汁、煮きり酒、みりん、薄口醤油を加えて調味し、数の子を漬ける。

 その上に、さらしの布巾をおき、鰹節をのせて、旨みをうつします。


 さて、明日は大晦日、皆さん忙しいですが、お互いがんばりましょうネェ~~^^

明日は、揚げ物、焼き魚、雑煮のつゆ等の仕込み、

                    そして、重箱への詰め込み作業です。
[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-30 21:24
2007年 12月 29日
おせち料理~その3~
 まずは「栗きんとん」
c0116730_2033112.jpg







夕べから色だしした水の中に、

皮を厚く剥き水にさらした、さつま芋を

崩れるほどに柔らかに煮て、

芋が熱い内に裏ごし器にのせて、

木杓子をあてると、弾力があって、

手になじむような感触・・・・おせちを作っているという実感が沸いてきます。

 裏ごしした芋に、砂糖、煮きりみりん、栗の甘露煮のシロップ、塩少々を加えて、弱火で

練り上げていきます、40分ほど艶よく仕上げ、栗を加えて、出来上がり。

砂ずりのオイル漬け
c0116730_20162978.jpg

 昨日下味をつけた砂ずりを、オーブンに入れられる鍋に、砂ずりを入れて、

浸るぐらいのオイルを注ぎ、ふつふつするまではガス火にかけ、

110度のオーブンに2時間お任せします。(その間に、他の仕事を・・・・)


海老のうま煮
c0116730_2027544.jpg

 同量の酒、みりんに、砂糖、薄口醤油、塩、少々を煮立てて、海老を入れます。

蓋をして3分ほど煮て、箸で形を整えて出来上がり。(この煮汁は、いい出汁が出ている

ので、他の煮物等に使います・・・・捨てないで)


百合根揚げの下準備
c0116730_20344052.jpg

海老のすり身、ふかしてつぶしたジャガイモ、カニの身(缶詰)、マヨネーズ少々、

をすり混ぜて、銀杏の細切れ、百合根の小さな物を茹でて小さく切ったもの、塩、胡椒し、

百合根の外葉の大きな物に、糊代わりの片栗粉をふり、すり身をこんもりともって、

蒸気の上がった蒸し器で、7~8分蒸して、下準備完了。

31日の日に片栗粉をまぶして、カラッと揚げます。


椎茸の肉詰め
c0116730_2050318.jpg

鶏のミンチに海老のすり身、とき卵、酒、塩少々を入れて、すり混ぜます(擂り鉢で)。

軸を取った生椎茸の内側に、糊代わりの片栗粉を茶漉しで振り、すり身をこんもりと、

盛り付けて、油でカラッと揚げて(中まで火は通らなくてもいい)、

熱湯をかけて余分な油を取る。(油抜き)

鍋にだし汁、酒、みりん、薄口醤油、砂糖少々で、30分ばかり煮て出来上がり。

慈姑(くわい)
c0116730_20595037.jpg





芽が出る → めでたいとおせち料理に

使われる縁起の良い食材。

我が家では、昨年初めて食べたのですが・・・・

コレがネェ~栗のような芋の様な、

百合根のような・・・・

           アクを抜いて、煮含めると「ほっくり」とした食感。

c0116730_21113553.jpg

 ストーブの上で、コトコトと煮含めて、冷めたら冷蔵庫へ、(冷蔵庫掃除は、完璧です)

でも・・・・大掃除の方が。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。(出来るのか?・・・・)

                  明日の予定 伊達巻、錦卵、お煮しめ等、作る予定・・・・

 
[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-29 21:22
2007年 12月 28日
おせち料理~その2~
 「大根なます」 あるいは、「紅白なます」
c0116730_1936788.jpg

 お正月ですから、「紅白なます」の方が、おめでたい感じがします・・・・

                 でも、「大根なます」の方が、好き♪


c0116730_1939634.jpg




畑からひいて来た大根、

暮れに出回る、

金時人参っを使って。

それぞれ4~5センチ長さに切って、

薄切りにしたものを、ずらして並べ、

トン、トンと線切りにしていきます。

小気味良い音が、お台所に流れます♪ この時期には、切れ味の良い包丁が大活躍。

我が家の場合は、うぶけやさんの菜切り包丁、これがなければ、始まりません。

酢れんこん
c0116730_19551592.jpg


酢漬けが続きますが・・・・

蓮根の歯ざわりも捨てがたく、

甘酢を用意しておき、

薄切りにした蓮根を、

酢と塩少々を入れた湯で、サッと茹でて、

水気を切り、蓮根がまだ熱い内に、

甘酢に漬け込みます。

※ 茹ですぎると、蓮根の歯ざわりがなくなってしまいます。


おだし
c0116730_2091975.jpg

 手羽先の先っぽの部分です、コレをサッと湯引いて、チキンスープを取ります。

水から出し昆布も入れて、沸騰直前に昆布は引き上げます。

沸騰してから先ほど湯引いた、手羽先の先っぽを入れて、

                    保温鍋の「シャトルシェフ」におまかせして・・・・

鰹節削り
c0116730_20125211.jpg

 冬休み中の息子が手伝ってくれました、(つまみ食いも、多いけど・・・・)

たっぷりと鰹節の用意が出来ました。

チキンスープをガスにかけて、沸騰したら火を止めて、鰹節を投入・・・・(混ぜちゃダメ)

そして、網でスープを漉します(この手羽先の先っぽは、身だけをむしって、

雑炊や麺に入れても、美味しいですよ、捨てないで・・・・)

さぁ~、お出汁がとれました、コレを煮物等に使っていきます。


砂ずりのオイル漬け
c0116730_2024154.jpg

 ビニール袋に砂ずり、塩、胡椒、ローズマリー、ローリエ、タイムを入れて、モミモミ、

空気を抜いて口を閉めて、一晩おネンネ Oo。。(_ _)

明日、オイルで煮てゆきます。。。。


栗きんとん~準備~
c0116730_2028459.jpg

 タップリの水に、金槌で叩き割った「クチナシの実」をお茶パックに入れて、

綺麗な黄色を出しておきます。c0116730_20354163.jpg

明日は、この水でさつま芋を茹でて

裏ごし作業が待っています・・・・
[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-28 20:41
2007年 12月 27日
おせちの準備~
 菊花カブ
c0116730_2052563.jpg


お父ちゃんの同級生の、Hさんより

お約束の小カブを、いただきました^^

Hさん、ありがとうございます。

皮を剥いた、小カブを横半分に切り

切り過ぎない様に割り箸を当て、

縦横に細かく切り込みを入れて、

塩少々を振って、しんなりさせます。

酢、砂糖、塩、を小鍋でひと煮立ちさせ、冷ます。

出し昆布をキッチンバサミでカット、種を取った赤唐辛子も輪切りに、

柚子の皮も千切りにして、準備しておく。

塩もみしたカブを、水洗いして布巾に包み、ギュッと絞り、ビンに入れ、上の材料を入れ、

コレを交互に繰り返し、冷ました甘酢を注ぎ出来上がり。

c0116730_2017458.jpg


 焼き魚の箸休めにもいいし、おせちのお重に加えれば、口洗いにもなります。


 お尻に火がついた状態で、午前中に大掃除等々で、晩御飯を作って、食べ終わると、

ぐったりで・・・・なかなか、皆さんのブログにもコメントを残せない状態です・・・・

  ごめんなさい・・・・おせちの準備等、少しづつアップできればいいのですが・・・・
[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-27 20:23 | 漬物
2007年 12月 25日
今晩も酔い、酔い・・・・
 まずは、頂き物・・・・
c0116730_20111570.jpg

 ヒューストンに住む、姉ちゃんから、送られてきた「ストーンクラブクロウ」

カニの爪、北海で育ったもので、「木製のハンマー」で殻を割って、豪快に食べるそうな、

 Kちゃん、ありがとうねぇ~、晩御飯を食べた後に届いたので、次回食べますネッ♪

ちゃんと、アップするからネェ~、ブログを見てね(*^^)v


晩御飯

博多名物 モツ鍋
c0116730_2019740.jpg







牛モツ、キャベツ、

モヤシ、玉ねぎ、

お決まりの「ニラ」が、

畑で取れなかったので、

代わりに葱を入れました

(買うのは、しゃくに触るので・・・・臨機応変とも言うなっ♪ )

味付けは、焼肉のタレと「味覇(ウエィパー)」をベースにします。

モツの脂をば・・・・
c0116730_20294712.jpg

 プリッ、プリッの脂、野菜の旨み・・・・ウフゥ~~ン  たまりません♪

もうね、口の中が、脂でベトベト・・・・(食後に、エスプレッソのこーーいのを、飲みました)

 モツ鍋のシメには、ちゃんぽん麺を入れると、メッちゃ旨いのですが、

さすがに、もう、ギブアップ・・・・明日の昼ご飯だな・・・・

牛乳豆腐&白菜漬け

c0116730_20341239.jpg

 みもりの里のかあちゃん、からいただきました、「牛乳豆腐」 

チーズのように、豆腐のように、今回は、チーズのように食べてみました^^ 

「チャンジャ」をトピングしました、かあちゃん、ありがとうネェ~(*^^)v

 ハァ~・・・ここまで打つまでに、何度やり直したか、古酒のお代わりが、きいてます・・・

c0116730_20452069.jpg


器 お気に入り うつわ

古高取 陶片
c0116730_20534865.jpg

c0116730_205517100.jpg

写真クリックで、拡大



オーム貝
c0116730_20574078.jpg

c0116730_20575763.jpg

写真クリックで、拡大

[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-25 21:08 | 晩御飯
2007年 12月 24日
クリスマスイブ
 息子のリクエスト・・・・
c0116730_19415983.jpg

 「クリスマスケーキは何がいいん?」と聞くと、「ティラミス」と一言。

ハイハイ♪ 作りました~^^混ぜるだけの簡単ティラミス。

 
晩御飯

ビーフシチュー
c0116730_1947288.jpg


数の子ポテトサラダ
c0116730_19475554.jpg

 
菊の露40度が、効いています・・・・

皆さん、ステキなクリスマスイブを、過ごしましょうね~(*^^)v
[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-24 19:59 | お菓子 パン
2007年 12月 23日
柿酢~1ヶ月経ちました~
クリックで拡大
c0116730_2001396.jpg

 11月21日に仕込んだ、「柿酢」

その1週間後には、

ブクブクブクと発酵していた柿酢

ブクブクが、納まりました。

表面には、白黴のような薄い膜(酢酸膜)が出来ています。

鼻を近づけて、クンクンすると、酸っぱい匂いがします、ここまでは、順調?!

気を抜かずに、見守りましょう♪ 1年は寝かせた方が良いらしく、

3年寝かせりゃ琥珀色らしいです、5年前の際には、失敗したから見ていませんが・・・・

自家製ヨーグルト
c0116730_20284032.jpg

(写真クリックで拡大)

 ヨーグルトメーカーの容器を消毒、材料は、牛乳、LG21です。

c0116730_2032253.jpg

 牛乳とヨーグルトの種菌(LG21)を混ぜ合わせ、ヨーグルトメーカーにセットして、

5時間ほど、通電して出来上がりです(材料代 400円弱で1リットル出来ます)
 
 自家製プルーンジャムを添えて(写真クリックで拡大)
c0116730_20362056.jpg
 

 腸まで届く乳酸菌、果たして、

培養でキチンと出来ているのかは、

わかりませんが・・・・

ちゃんと、ヨーグルトになっていますから、大丈夫でしょう^^


晩御飯

揚げ物三種
c0116730_20481069.jpg

写真クリックで拡大

蓮根の海老はさみ揚げ、砂ずり、ナンコツのから揚げ、蓮根のはさみ揚げは断然塩で・・

冬至だったので・・・・
c0116730_2053870.jpg

写真クリックで拡大

 北海道からやってきた「雪化粧?」とっても美味しい、皮が薄く、ほくほくです。

モチロン!種を取りましたよー、遠くからやってきた種は、翌年、子孫を残すために、

がんばるらしいから・・・・(来年は、スクナ南瓜に、雪化粧、と作る楽しみが増えました^^)

c0116730_2101411.gif


器 お気に入り うつわ

備前焼 ビアマグ

c0116730_2162528.jpg



ガラスの菓子鉢
c0116730_21746100.jpg

[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-23 21:08 | 保存食
2007年 12月 21日
柚子胡椒~赤バージョン~
c0116730_1605229.jpg

 黄柚子を使って、柚子胡椒を作れないかと・・・・ちょうど「かんずり」のように、

青唐辛子も、もちろん赤に変わっています、この二つを、以前の「柚子胡椒」同様に

c0116730_1612093.jpg

 黄柚子の皮と種を取った赤唐辛子、バーミックスで、ガーッとやってから、擂り鉢へ、

後は、ひたすら、ごぉ~り、ごぉ~りと、塩(今回は、ピンク岩塩)少々、

柚子の絞り汁少々、加えて出来上がり。

 擂り鉢 大好きなのです♪ その形、姿、溝、筋目の美しさ、いりたてのゴマをあたる時、

香りはモチロンですが、プチ、プチと擂り潰される感触、・・・・

 台所の音の中でも、ベスト3に入るんじゃないかしら?

さて、お味は・・・・
c0116730_16132437.jpg

うーーん、結論から言うと、「青柚子胡椒」の勝ちです(たくさん作らんで、良かったー)。

悪くはないのですが、青柚子の方が、香りが強いようです、来年は、一年分作ろう!

晩御飯


今期二度目のおでん
c0116730_16201763.jpg

どうして、こう山盛りになるかなぁ? 



c0116730_16222188.jpg

オススメの手作りがんも、トロッ、モッチリ、の牛すじ、コラーゲンたっぷりの手羽先。

がんもどきを作るときには、余分に作って冷凍しておきましょう♪

おでんの鶏肉、入れっぱなしにしていませんか?煮すぎて缶詰みたいになるから、

火が通った段階で、引き上げておき、食べる前に鍋に戻すと、美味しくいただけます。



数の子の味見

c0116730_20224238.jpg




白菜漬け

c0116730_20232431.jpg



白ご飯
c0116730_16303812.jpg


炊き込みご飯の際に、

あらためて

「おひつ」
の良さを

認識しましたから、

どんなに美味しい米、

素晴らしい釜で、

上手に炊いたご飯でも、

釜から直接お茶碗では、本当のご飯の味(ダイゴ味)を味わえないのかなと、

このところ考えている、ほっこりでした・・・・

写真で判るかしら?、ご飯粒がツヤツヤとして、でも、ベッチャとはしていないのですよ、

木地と被せた布巾が、余分な水分を吸い込み、発散して、ご飯が落ち着くのでしょう・・・

 手間を惜しんではいけんね、家族の「美味しい」の笑顔のためにも・・・・・

c0116730_17235121.jpg


器 お気に入り うつわ

黒釉茶碗 融雪
c0116730_17251817.jpg

c0116730_17254998.jpg

c0116730_1728854.jpg

香春焼 山岡徹山作 


背負い籠(大)
c0116730_17422627.jpg

 収納に困り、二階の部屋の 壁面ディスプレイ(オブジェ?)になっています。
[PR]
by hokkori-hime | 2007-12-21 16:49 | 保存食