<   2010年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2010年 12月 31日
おせち重詰め完了!
こんばんは・・・・寒い年の瀬になりましたね~
今年も残り4時間あまり・・・・
でもね、でもね~なんだかちっともさ、大晦日、お正月が来る!って感じがないのよね。

それでも家族で新年を祝いたいゆえ、いつものように「おせち」を作りました。
もうね、奇をてらったものでわなく、我が家の定番ばかりです^^

「年越し蕎麦」の準備に明日のお雑煮の準備まで済ませてやっとこPCに向かってます。
我が家のおせちです。


c0116730_19584010.jpg

今年は、お煮しめの「がめ煮」は大鉢に盛っていただきます。

一段目は・・・・


c0116730_2003584.jpg

上から、伊達巻(今年は焼き色が薄かった)紅白カマボコ・田作り(買ったものです)
中段しめ鯖入り紅白なます・黒豆(買ったもの)菊花カブ
下段 佃煮(買ったもの)数の子・栗きんとん
今年は「栗きんとん」がとっても照りよく出来ました、1時間練り上げたおかげかな。

二段目・・・・


c0116730_2045389.jpg

うえから、椎茸の肉詰め・錦玉子・
中段 海老の養老煮・パーナ貝のオーブン焼き・
下段 厚焼き玉子・百合根揚げ・カニの茶巾蒸しです。


c0116730_2092970.jpg


今年は・・・・後半は夫婦でアチコチ悪くなっちゃって><
途切れ途切れの更新になりましたが、「ほっこり日記」を読んでくださりありがとうございます。
ココでつながりあえて、おしゃべりして励まされて、アドバイスもいただき本当に感謝です。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

来年はウサギ年♪ ピョ~んと飛躍の年にしたいものですね~

皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。

[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-31 20:15 | その他
2010年 12月 27日
もうけもの
こんにちは~~寒い、さむい、さぶい・・・・
我が家の大掃除もなんとかすべて終了いたしましたホッ。
畑のことはほとんどお父ちゃん任せでした・・・・

そんな折にお父ちゃんが畑から抜いてきた「玉葱」です!!
今頃にどうして~~でしょっ(笑)
コレは「もうけもん」の玉葱です^^


c0116730_159551.jpg


添えられてるのはお父ちゃんの手。
立派っしょっ!!

何故に?「もうけもん」かといいますと・・・・
さかのぼる事・・・・今年の6月でして。
出来損ない? プチ玉葱ですか?のような我が家で収穫した玉葱です。


c0116730_15101669.jpg


ねっ、ちんころこまいでしょぅwww
コレ、皮をむくのも大変そうで・・・・
夏にHCで売られてる「ホーム玉葱」なるものご存知?
玉葱の球根を植えつけて12月に収穫できるってヤツ!

家の残念な玉葱にソックリでして、コレはダメもとで植えてみるかと

でもね~やはり、残念な玉葱は残念な結果を招く?!


c0116730_15111640.jpg


ホラね・・・・
ほとんどが、分けつしちゃいますwww
仕方ないからこの青々としたネギだけでも食べてみるかと。



チョッと、ちょっと、奥様!
このネギが、ただものではないネギですわよ!!
肉厚でキシキシするような感じ(このキシキシは美味しいキシキシね)
それに、とっても、とっても柔らかいのっ!!!

この葉玉葱のために植えてもいいくらい。

分けつしなかったやつが上の立派な玉葱になります。

家庭菜園をなさってる皆様!
やってみる価値はありますよぉ~(^^)v

ていうか・・・・こんな残念な玉葱は出来ないか、家だけかも(-_-;)


晩御飯


c0116730_1512238.jpg


このところ大掃除が忙しくって、晩御飯にまで気が回らなくって
まぁ・・・・しょうがないでつね。。。。

生協で買っていたシュウマイをキャベツ・もやしと蒸し鍋に。
仕上がり際に畑で取ってきたブロッコリーも入れました。
ブロッコリーが甘くって、柔らかくって、さすがに取れたて直行便(笑)

それから、もちろん玉葱を使ってオニオンスライス。
この時期にフレッシュな玉葱はそうそう食べられませんわよ。

畑の菜っ葉と油揚げの炊いたのです。

[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-27 15:14 | 家庭菜園
2010年 12月 23日
白菜漬け
こんにちは~明日からまたグンと寒くなるとか・・・・
本日は大掃除にはもってこいな日だと、気象予報士の方が言われておりました

我が家・・・・まだ居間に台所と風呂場の難所が残っています><
風呂場は今日の内に済ませ、居間のカーテンも洗おうと。
今年は夫婦ともにアチコチ悪くなり病院通いが多い1年でしたから、
お父ちゃんも大掃除もおせちも無理しなくていいと。

さて、さて、冬野菜の王者「白菜」が立派に育ってきました~


c0116730_14513214.jpg


コレは我が家の白菜、毎日、まいにちの虫取りのおかげで
ココまで育ってくれました、横のボトルは500ミリリットルね。

「白菜漬け」を漬けましょうかね~と♪
知り合いのSおいちゃんから立派な白菜を3株いただきまして、
なんと1株が4.5キロもありましたのよぉ~(@_@)
ソレを割って、干します。


c0116730_1452453.jpg


白菜干しの風景って、大好きなのよね~
ござやブロック塀の上に干してありますよね~
半日ほど干した白菜を、塩を振って一晩下漬けします。

翌朝には下漬け白菜をザブザブと洗って、切り口を下にしてから
ざるに並べて水切りします。


c0116730_14523785.jpg


夕方には水気も切れています。
塩・赤唐辛子・昆布・柚子の輪切りを用意してから、
本漬けに取り掛かりましょう~

たるに塩をまぶした白菜を並べて、赤唐辛子・昆布・柚子を散らして
最後まで段々に並べていき、取っておいた外葉で蓋をして
押しブタ、水が上がるまでは白菜の2倍の重しをのせます。


c0116730_1453562.jpg


たっぷりの水が上がったら、重石を半分にします。
重石が重すぎると白菜がペッちゃんこになりすぎるからね~。
3~4日すればたべられますよん。


c0116730_14533995.jpg


ほら、ほらぁ~美味しそうでしょう~♪
白菜漬けは、葉先の方と茎の方、どちらがお好き?
我が家は茎の方が好きなんです、だから~
切る時に一工夫。
半分に切った白菜を葉と茎を交互になるように乗せ替えて、
刻みます、そうすると茎・葉・茎・葉と一緒に食べられます。

柚子をギュッと絞って、お醤油をたら~っと。

サックリとした歯ざわりの良い白菜漬け、ご飯が進みます。

糠床も維持しつつ、高菜漬けに大根の酢漬け、白菜漬けと、
冬の食卓は美味しいお漬物だらけです~(^v^)

[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-23 14:55 | 漬物
2010年 12月 20日
味噌作り~備忘録~
こんばんは~いよいよ押し迫ってきた感がありますが・・・・
我が家もなんだかんだと・・・・
今週一杯で大掃除は終わらせたいなとか、考えるとバタバタの極地でつwww
 
そんな折に、わが息子どんが流行りものに弱く><

今朝から「腹が気持ち悪い、吐きそう・・・・」と、

ハイ!もうお分かりですね・・・・巷で話題の「ノロウイルス」でしたwww
今日は、息子の部屋のカーテンや窓掃除をと思っていたのが、診療所に走りました。
お薬をいただき、昼過ぎにはずいぶん良くなっていました。

家の息子、体の防衛本能が優れているのか? 具合が悪くなるとソレはもう~寝ます!!
眠って、眠って起きると、熱も下がり回復モード。

何処でもらったのか?判らない「ノロウイルス」皆様もお気をつけくださいね~~


c0116730_1957468.gif


初めての味噌作り後の備忘録


まずは、一気に仕込まずとも良いということ。
大豆や麹に塩を等分に分けて仕込んでいけばよいのです。
そうすれば、混ぜ合わせる時に大きな、大きな鍋やボウルが必要ないということです。
また、量が限られてくる圧力鍋も回数が少なくて済みますね。

そして、出来上がった味噌と同量の重石を乗せていましたが、
重石は半分の重さでいいようです。

そして・・・・、味噌は気温が30度超える日を経ないと美味しくならないそうです。

以上、次回に生かすためのほっこり家の備忘録として残しておきます。

[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-20 20:10 | 保存食
2010年 12月 14日
初めての味噌作り♪
こんにちは~ご心配いただいた「ブト」の腫れは、
1週間が経ち、噛まれた傷を残すのみとなりました~
ぷっくりとした赤ちゃんのようなお手手も・・・・しぼみました><

土曜日に「インフルエンザ」の予防接種を息子と二人だけ受けました。
お父ちゃんは、丈夫なので受けないとw
ただいま接種の後がしこりのようになっています・・・・
息子は全然どうもないと! 年の差?新陳代謝の良さなのね~~

でね・・・・2人分の接種代が7200円!!!ひえぇ~~ですわよ。
来年は受けるのやめようかなぁ~~


c0116730_14474122.gif


そうそう、わたくし今年ついに「味噌作り」デビューしましたの♪
長年・・・・仕込んでみたいと思いつつも、スッゴク大変そうでw
その背中を押してくださったのがコメントをくださる「ひろさん」です。
ひろさんは毎年お味噌を作っていらっしゃいます。
おねえさまが使っていらした「ボニーの豆挽き」を差し上げますよぉ~と、
なんとわたしに声をかけてくださったんです!!

ありがたくちょうだいいたしました。


c0116730_14495144.jpg


味噌の材料、割合をどうするか・・・・
皆さん色々試していらっしゃるようで、初めての私は、
20年前くらいに買っていた自然食通信社の「手づくりのすすめ」を参考に
この本、今もあるのかなぁ~?

大豆 2キロ(福岡産)米麹 2キロ 塩 700グラムにしました。


c0116730_14504595.jpg

c0116730_1451840.jpg

まずは大豆を茹でなくっちゃ!
前日から3倍の水に漬けておきました、それを少量づつ圧力鍋で煮ました。
何回繰り返したかしら・・・・時間が短かったのか?少し固めで。
大鍋に移して今度はストーブの上でコトコト♪


c0116730_14515689.jpg

その間に麹屋さんへ走り、いただいてきました。

麹に塩を混ぜて「塩きり麹」を作っておくんだって。


c0116730_14571285.jpg


39センチの鍋に2キロの麹を入れ、塩を加えて混ぜ合わせます。
丁度いい塩梅に大豆が柔らかくなっていました。

ココで問題が・・・・
わたくし、無謀にも白菜漬けまで漬け込みまして・・・・
夕方には、電池が切れそうな状態・・・・続きは明日にしようかなぁ~と。
そこへ頼れる助っ人(笑)息子どんが!!!
豆挽きに取り掛かりました~~


c0116730_14534231.jpg


まぁ、まぁ、まぁぁ・・・・ボニーちゃんたら!!
いい仕事なさいますね~スルスル、スルスルと大豆がミンチになってでてきます。
息子が面白がって、まわします、回します♪
母ちゃんは、大豆を足します、たします♪


c0116730_14545327.jpg


うふふ、この先っぽからムニュ~っと出て来るのが、
もののけ姫の「たたり神」みたいだぁ~と。
あのオッコト主に生えてきたやつね。

そうこうしてる間に大豆が無くなりました。

塩きり麹と混ぜ合わせるんだけど・・・・どれで混ぜ合わせようかと。
かなり大きなものが必要ですよぉ~だって、大豆がふくれて3倍近くでしょ


そこは何とかなるほっこり家(笑)
3人家族だと言うのに公民館にあるような大鍋!
なんと!!直径47センチですわよ。


c0116730_14593844.jpg


c0116730_1505494.jpg

さぁ~コレで思う存分混ぜ合わせます。
たるに2重にした漬物袋を入れておき、団子状に空気を抜いたのを詰めていきます。
ギュッと、ギュウッと詰め込んだらお終い。

漬物用のビニール袋を3重にするといいと、教えてくださったのもひろさんです。
漬物袋・・・・2枚しかなかったのよね><

ビニール袋の空気を抜いて紐で縛って、押しブタをして重しを乗せました。
初めての味噌作りでした。


c0116730_1514352.jpg

c0116730_152476.jpg


感想としては・・・・思っていたよりも簡単だった気がします。
それもコレも絶対に「ボニーの豆ひき」があったればこそですよ。
お味が気にかかるところですが・・・・まだまだ食べられるのは先ですもんね~

この先の目標は、できるならば麹も手づくりできれば最高だろうなぁ~とか。

ひろさん、本当にありがとうございました。
おねえさまにもよろしくお伝えくださいませ、
ほっこり家で大切に使わせていただきます。

[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-14 15:07 | 保存食
2010年 12月 12日
大根の酢漬け
こんにちは~
本日ようやく重い腰を挙げて・・・・玄関の大掃除に2階の窓&桟の大掃除にカーテンの洗濯
2階は半分だけしか終わらなかった><
明日は2階の残りを片しましょう・・・・

さて、畑の食べごろ大根を収穫してせっせと漬物に。
「柚子大根」はそう長くは保存できません、しかし「沢庵」は・・・・
私にとってハードルはかなり高くw
知り合いの農家の奥さんから習った「大根の酢漬け」にしました。

畑から抜いてきた大根約10キロです。
洗って、縦半分にきって・・・・


c0116730_203479.jpg


まずは、下漬けです。
大根10キロに塩 400グラムです。
半分に切った大根に塩をすり込み漬物だるに並べていきます。
重石をして4~5日まちます。


c0116730_2042128.jpg


水がたっぷり上がった大根をザルに引き上げます。
調味液を用意します。
酢 三合・砂糖 600グラムを混ぜ合わせておきます。
赤唐辛子に柚子を5,6個薄切りに・・・・


c0116730_205482.jpg

水気を切った大根をあらたに漬物だるに並べて
赤唐辛子・柚子の輪切りをのせる、コレを繰り返します。
すべて並べ終わったら、調味液を入れて、押しブタをし重石を乗せます。

c0116730_2055766.jpg


c0116730_206241.jpg


2~3日経てばいただけます。
日にちが経つほど柚子の黄色がうつって沢庵っぽくなりますよん。

この酢漬けなら、春先まで十分持ちますよ。
まぁ~その前になくなっちゃいますけどね^^
[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-12 20:08 | 漬物
2010年 12月 10日
私はコレでハリが戻りました。
こんにちは~寒くなりましたね~!!
気持ちだけは師走を実感しつつ、変わりない毎日を過ごしておりますがw
更年期以来、お肌に眼までが乾燥気味でしてwww
そんな折に私のシワクチャなおててが・・・・
うふふ・・・・下の写真見比べてください!
右と左の差!! 赤ちゃんのような張りが戻ってきました。


c0116730_6375238.jpg


c0116730_639482.jpg


c0116730_6403038.jpg





何を使ったか・・・・またしても「ブト」でございます><
もう、12月だというのに、しかも昼間にwww
「ブト」は朝や夕方に多いと言ってなかったかい。
昨年は顔まで刺され大変なめに合いました、今年の夏も左足のスネを噛まれました。
さらに左手首を2箇所も・・・・
3回目にして『まだ抗体は出来ていないようです』

ネットで検索すると、「フルコート」が効くと書いてましたので、
開店と同時に薬局へ。
まだ・・・・熱を持って熱く、痛痒いwww
手首を刺されたというのに、手の甲まで腫れてくるなんて、
私ばかりが何故に刺される(-_-)
畑の一角でばかり刺されてるのよね~あそこ私の鬼門かい?!
しかもね~シャツに腕抜きをして、手袋もはめていたんですよぉ~
ブトの針、畏るべし・・・・


収穫・収穫


c0116730_6431555.jpg

c0116730_6434496.jpg



少しだけ植えていた赤ジャガ・・・・
銘柄は判りません!知り合いからいただいたので。
里芋・・・・今年は悪いですね~猛暑の影響も大きいですが、
何よりもお父ちゃんの右腕が悪かったのが響きました><
夏場にはコレでもかとばかりに、ポンプアップで水遣りが出来なかった。
大根と人参、この二つはもう買う必要が無いですね~
それから、第2弾の大根の最後の間引き。


c0116730_645841.jpg

へそ大根を干してから1週間経ちました。
なんと、なんと・・・・こんなに小さくなっちゃって!!
もう少しカラカラになったら出来上がりですね~
果たしてコレを戻して、元も大きさに戻るんでしょうかね~~

[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-10 06:49 | その他
2010年 12月 06日
ご飯のうまさ。
こんにちは~一日一ヶ所の大掃除をと、決めていたのに・・・・
いまだ手付かずなほっこり家。
まずは、2階から手をつけましょうかね~と、今度こそ心に誓う(笑)

さてさて、私も齢40を大きく超えて今さらながら「ご飯」の美味しさに開眼
1年365日食べ続けているお米、心から「ご飯が美味しいなぁ~」と。
そりゃぁ~刺身にステーキ、ご馳走は沢山ありますが・・・・
行き着くところはシメのご飯と漬物なのです。

もちろん「米」にもこだわりを持って、お父ちゃんがバイクに乗って
東奔西走(ちとオーバーか?)標高の高い棚田へ出かけて、
農家の方と交渉していただいた玄米。
棚田ならイイと言う訳ではなく、使われている水にもこだわり、
また、棚田のあるお山は雑木林で無いといけません。
杉やヒノキの山ではうまい米は取れないのです。

もちろん、農薬は極力使わないこと、できれば架け干し米がベスト♪
今年お世話になった農家のおじちゃんは、田んぼで限界近くまで乾燥させて
うまみを米に凝縮させて刈り取られたとのお話し、
そういえば、他の田んぼはすべて刈り取りが済んでいましたが、
まだ3反ほど刈り取り前の米が残っていました。
おじちゃんもプロです、「味には自信がある!!」と。


c0116730_16412666.jpg


買って来た玄米は温度差の無い保管庫へ、
というとスゴイ!と思われるかも・・・・
実際は大型冷凍庫を保管庫のかわりに。
毎日食べる分だけを家庭用精米機で搗きます。
つきたての米は味が違いますよね。
その米を研ぎます、一番最初は水を吸いやすいので汲んできた山水を、
その後は浄水器の水を使い、研ぎあがった米をザルに上げておきます。

30分位したらオカマに米を移して汲んできた山水を注ぎます。
米にも個性?があって、また食べる方にも固めや柔らかめ等の好みがあり、
自分の家の好みの水加減をマスターするまでは試行錯誤が

十分に水を吸わせたら、炊き上げにかかります。
我が家のオカマは、初め最強火で、カタカタとたぎり始めたら、最弱火
8分間炊いたら、最後に30秒ほど最強火にして火を止めます。
蒸らし時間は10分ほど・・・・

蒸らし終わったらオカマの蓋を取りおひつへ移します。
炊き立ての香りってなんて良いのでしょう。
木地のおひつに移して、さらしの布巾を着せて蓋をすること10分
このひと手間で、不必要な水分を木肌と布巾が吸い取って、しっとりと落ち着く。

このひと手間が、ご飯を美味しくいただくポイントです。
私は・・・・まずはお酒からでして(-_-;)
ひとしきりおかずをつまみにちびりちびりと。


c0116730_16482544.jpg

お父ちゃんいわく、そんなに贅沢してるわけでもなし・・・・
そうよね~外ご飯はほとんど無いしぃ~w
米くらいは美味しいものが食べたいと^^

ご飯は最後のとどめを刺すようなものでして・・・・
だって、いくら美味しくお酒やおかずを呑んで食べても、ご飯が不味くてはね~
うまいご飯と漬物で「ご馳走様でした」と^^



晩御飯



c0116730_16511377.jpg

金目鯛と椎茸に畑の春菊で昆布酒蒸しに。
炒り豆腐(ゴボウ・人参・キクラゲ・蒟蒻)、馬刺しの燻製です。
この馬刺しの燻製は目利きが大事!!
脂身がついてるパックを探して買っています。


c0116730_16514685.jpg

ご飯♪ 味噌汁(大根・油揚げ・椎茸・春菊)・聖護院大根のぬか漬け。
畑の聖護院大根がやっと大きくなって、糠床に。
コレがね~本当に、ほんとうにっ、美味しいのよぉ~~


c0116730_16564083.jpg

切り口のアップです。
上と下から漬かっていってるのが見えますかぁ~?
丁度真ん中に一本線が入ったような形。
糠床をお持ちの皆さん!!冬のぬか漬けの王者は「聖護院大根」ですよ!!

[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-06 17:01 | その他
2010年 12月 03日
切り干し大根とへそ大根
こんにちは~師走になって何でか気ばかりあせっております。
大掃除にも取り掛からなくっちゃとか。。。。。
今日はすごく風が強くって、掃除の気分ではなく(笑)
今年もあとわずか、年々1年が早く感じます。

さてさて、我が家の畑の大根♪ 今が食べごろとってもみずみずしくって
食べなきゃそん損な状態、もちろん煮物や柚子大根等活用していますが、
とても一度には食べ切れません、そこで「切り干し大根」と「へそ大根」に


c0116730_1323474.jpg

c0116730_1323289.jpg


何年か前に作った時には、確かに「切り干し大根」にはなっていました、
しかし、本当の「切り干し大根」の味ではなかった。
それは何故か?と考えるに、
春が近くなった3月に董が立ってはもったいないと作ったから。


やはり大根の旬があって、董が立ちかける前の大根というのは、
畑の土に生えてるとはいえ、みずみずしさに欠けて、食べごろ取り頃ってのがあるのです。
スックと育った今の時期の大根とは別なのね。

それに、お日様と風の力を借りての作業。
冷たく乾いた風の力を借りてこその「切り干し大根」なんですね。
人の力だけではない自然の恵みです。
保存食って言うと、腐らせたり無駄にしないためって感じが強いですが、
よくよく考えるに、美味しく食べるためにお日様や風の力に人の力が加わり、
仕込んでおくことですよね。


c0116730_13242210.jpg


1日干した「切干し大根」と「へそ大根」を蒸します。
「切干し大根」は薄いので、湯気の上がった蒸し器で3分ほどでしょうか。
へそ大根は厚みがあるので、その3倍の10分ほど蒸しました。

それをさらにカラカラになるまで干し上げます。
カラカラになったらまたアップしますね。




晩御飯



c0116730_13311139.jpg

手羽先の塩ダレ焼き、お煮しめ、大根葉炒り炒り、
味噌汁(大根・椎茸・油揚げ・春菊)です。

お煮しめには肉を入れておりません、イリコと干ししいたけの戻し汁に鰹節の出汁で

c0116730_13342199.jpg

油抜きした油揚げ・大根・人参・里芋・蒟蒻・干ししいたけ・ゴボーです。
精進料理のようなお煮しめもたまには良いものですね^^

[PR]
by hokkori-hime | 2010-12-03 13:38 | 保存食