タグ:保存食 ( 303 ) タグの人気記事
2012年 10月 26日
栗の渋皮煮
ご近所さんから立派な栗を頂きまして~♪
これはもう!渋皮煮にするっきゃないですね^^

c0116730_14193254.jpg


しばらく水に漬けておいてから、鬼皮を包丁で剥きむき。

c0116730_1420044.jpg


渋皮のみになりました。


コレを灰アク汁の上澄みで、コトコト30分くらい煮ます。
鍋の中は赤茶色に・・・・

水を静かに加えて、手を入れても熱くない位に冷まして、
渋皮の栗にこびりついたスジ等を取ってあげます。

c0116730_14205248.jpg


さらにその栗を鍋一杯の湯で、アクを取るために10分ほど。

その後は、蜜で煮るのみです。
鍋に栗の7~8割の砂糖に水を1カップほど加えて煮溶かし。
つるつるのいベッピンさんの栗をコトコト煮ます。

c0116730_14213567.jpg


今年も立派な栗の渋皮煮ができました^^
[PR]
by hokkori-hime | 2012-10-26 14:22 | 保存食
2012年 08月 26日
紅生姜~2012~
こんにちは~
お盆も過ぎて、朝はずいぶん過ごしやすくなりました。

さてさて、梅干しにつるびての「紅生姜」が出来上がりました^^
紅生姜は大きく分けて3段階になりますね。
最短でも2週間くらい・・・・時間はかかりますが、
赤梅酢に漬け込んでる時間があるからね。
まずは第一段階。
c0116730_13554748.jpg

新生姜を洗って、薄く皮をむきバットに並べます。
塩をパラパラと振って一晩置いておきます。

c0116730_13581715.jpg

翌日、水気が少し出てアクが出ています、それを拭って半日陰干しします。

c0116730_1359740.jpg

ザルに並べて・・・・途中で必ず上下をひっくり返しましょう。

ここまでが第一段階ですね。
続いて・・・・第2段階、赤梅酢に漬け込みます。

c0116730_1401955.jpg


その後にジプロックに生姜を入れて、赤梅酢を注ぎいれて、
1週間ほど待ちます。
気づいた時(朝起きたときとか、寝る前とか)に、
ジプロックをひっくり返して、よく浸かるようにしています。

c0116730_1455888.jpg


1週間漬け込んだら、今度は天日干し。
ざるに重ならないように並べます。
このときにも必ず上下、裏表をひっくりかえします。

ここまでが第2段階。

続いて第3段階。

c0116730_1471082.jpg

新たにジプロックに干した生姜を入れ、
新しい赤梅酢を注ぎます。
この状態で、さらに1週間待ちます。

第2段階と同じく、途中でひっくり返しますよぉ~

c0116730_149940.jpg


1週間たったら・・・・同じようにざるに並べお日様に当てます。
上下、裏表を必ずひっくり返しましょう。

2度の赤梅酢のお風呂に浸かった生姜はさらに赤く♪

コレで「紅生姜」が出来上がりました。
保存は・・・・梅干しのカメに同居していただきます、
必要な時にカメから取り出し切って使います。

c0116730_14111114.jpg


今年の梅干しのカメに入れました、
上にはしっとり目に干し上げた赤紫蘇で蓋をする感じ。

紅生姜が余った!!って方は、
いらさんから習った「紫蘇生姜」がお勧め。

お稲荷さんやチラシ寿司には絶対に紅生姜ですよね、
新生姜の甘酢漬けでは合わない、間が抜けてる感じw
牛丼にも良いですね~

新生姜もずいぶんお安くなりました、
梅干しを漬けられた方々~紅生姜もいかがですか?
[PR]
by hokkori-hime | 2012-08-26 14:17 | 保存食
2012年 08月 01日
梅干し~2012年完成~
おはようございます^^
とうとう8月ですね~早いですね、どうしましょうw
さて、土用の丑の日には宣言どおり、
鰻に似た穴子丼を家族で食べました(笑)

その土用のころに梅干しも干しあげるといいんですよね~
3日3晩の土用干し向きに、お天気は安定していましたから。

c0116730_1061189.jpg


6キロの梅は盆ざる1枚に収まらず、2枚使用しました。
赤紫蘇もゆかり用に柔らかく干しあげます。

c0116730_1082319.jpg


昼間のかんかん照りのお日様に照らされて、
梅干しちゃんは塩を吹いてきていますよぉ~

途中で帽子をかぶって、梅を順々にひっくり返して・・・・

3日3晩の土用干しと言うくらいで、夜も出しっぱです^^

翌朝・・・・梅干しちゃんを見てみると・・・・

c0116730_10113851.jpg


よく判る様に・・・・超アップで!!

ホレ!水も滴るいい梅干し!!

昼間、お日様に照らされてシワが寄り、
夜間に夜露が当たり塩が戻り。

コレを3日間繰り返します。

それゆえ土用干しは、
週間天気予報とにらめっこしつつ(笑)
3日間雨は降らないと!
見極めてから干すのです。

まなみさん~
お宅から頂いた梅はとっても、とってっも~いい梅でした^^

c0116730_1022115.jpg


干しあがった梅干しを、焼酎で消毒した保存ビンに移します。
2段ほど梅を積んだら、焼酎を5本の指につけ、パッパッと。
ザラメをぱらぱら・・・・コレを最後まで繰り返します。
やわらかく干しあげた赤紫蘇で蓋をする感じで終了。

今年の梅干しは・・・・たぶん、4~5年後くらいかな。

我が家は赤梅酢は別に保存しておきます。

c0116730_10272339.jpg


赤梅酢はビンに移して、1日だけお日様に当てます。
この赤梅酢は「紅生姜」に「即席柴漬け」にと、大活躍なのよね。

今年も梅干しを漬けることができました。
今年は梅が手に入らず、あきらめかけていましたが・・・・
糠床のご縁から、まなみさん家の立派な梅を
頂くことが出来ました。

梅干しを漬けない=赤梅酢が無いと言うことで、
それにつるびての「柴漬け」や「紅生姜」も出来ないんですよね。

まなみさん、本当にありがとうございました。
お父様によろしくお伝えくださいませ。
[PR]
by hokkori-hime | 2012-08-01 10:35 | 保存食
2012年 07月 27日
トマトソース♪
こんにちは~梅雨が明けたら・・・・熱い・・・・暑い><
節電が叫ばれておりますから、ピーク時間を過ぎてから、
クーラーのスイッチをオンしていますが。
昨日、今日は朝からすでに暑い(・。・;

今日は土用の丑の日ですね~
皆さんはうなぎを食べられるのかしら~
我が家にはお高すぎて・・・・手が出ません。
アナゴで我慢しましょうか(笑)

さてさて、トマトがね~2日収穫しなかったら、ざる2杯分w

c0116730_1045597.jpg


トマトジュースもいいけど、やはり、「トマトソース」もね^^

c0116730_10462434.jpg


トマトは皮をむいて角切りに、玉ねぎ・ニンニク・ハーブ。

オリーブ油で玉ねぎニンニクのみじん切りを炒めて、
トマトを投入♪ 

c0116730_10485894.jpg


市販のトマトペーストも加えて、コクアップ(^^)v

c0116730_10495959.jpg


ハイできましたぁ~~しばらくは自家製ソースでまかなえますね。

でもさぁ~夏はパスタよりも素麺の方がよくね?
茹でるのは熱いけどね~

我が家では朝の涼しいうちに、
こういう仕込みものを済ませますよぉ~
昼間には熱くって、火のそばにはおられませんから。


c0116730_1054385.jpg


お父ちゃんの災難><

この時期~私は3年続けてやられていた「ブト」!!
今年も用心してきましたの、
以前にかまれた場所には、近ずかず。

そうしたおかげか?私は噛まれること無く済みました。
と、思っていたら・・・・なんと!お父ちゃんが噛まれました。

c0116730_10545282.jpg


かわいそうなおとうちゃん><
昔からブトには噛まれなれているせいか?
はたまた、抗体があるのか?このくらいで済んでいます。

私なら・・・・こんなものでは済みませんでしたね!!
以前の記事でアップしています。
[PR]
by hokkori-hime | 2012-07-27 11:11 | 保存食
2012年 07月 13日
赤紫蘇の梅酢漬け
こんにちは~雨が続いて、被害がでていますね。
さいわいほっこり地方はたいした被害も無く暮らしております。

被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

梅干用の赤紫蘇は使ってしまいましたが・・・・
まだまだ畑に元気な赤紫蘇が生えています。
しかもまだ柔らかな葉っぱなんですよぉ~
コレを使わない手はありませんね。

ということで・・・・めはりおむすびに使えるように、仕込みました。

c0116730_1642453.jpg


赤紫蘇の柔らかで大き目の葉っぱをむしりまして、
ザブザブと洗いますよぉ~でも、破れないように優しくね。

ポイントはむしる時に軸を長く残すことですね^^
こうしておくとまとめやすいです。

10枚づつくらいを輪ゴムでまとめます。

まとめましたら・・・・塩を葉っぱの間にも入れて。

c0116730_1685720.jpg


全部出来上がったら、バネ式の漬物容器で3日ほど。
水が上がりづらいようでしたら、塩水を作って呼び水に。

赤黒い水が出ましたよぉ~

コレを又ざっと洗いまして、水気を切ります。
元のように葉っぱを広げてあげます。

それを又重ねて・・・・バネ式容器へ。

c0116730_16121845.jpg


赤紫蘇を重ね終わったら、梅干の梅酢を注ぎました。

c0116730_1613739.jpg


はい、コレで出来上がり♪

それではさっそく・・・・めはりおむすびを。

c0116730_1614277.jpg


ぐふふ、美味しいですよぉ~~

昔、むかし、この赤紫蘇の葉っぱを買ったことがあるのですが、
手がかかるからでしょうか?すんごく高かった><

赤紫蘇が生えてるご家庭はぜひ、作ってみてくださいなぁ~~
[PR]
by hokkori-hime | 2012-07-13 16:17 | 保存食
2012年 05月 24日
泡盛 1ダース♪
こんにちは~
家のお父ちゃんから、プレゼントが♪
母ちゃんの好みを知り尽くしているお父ちゃん(笑)
なんと~ドーーーンっと、1ダースの古酒5年 泡盛!!!

c0116730_13422477.jpg


見慣れた感のある箱♪
6本入りの箱が二箱ですよぉ~~

つまりは、1升ビンが12本!!!
どんだけ、呑むねんって、感じですが・・・・(^_^;)

私が毎日、まいにち、ご飯作りに励まれるのは、
この酒があればこそ、ですから・・・・

息子も、
「母ちゃんに美味しいもん作ってもらうためには、
酒は切らされん!!バイ。」と・・・・

お父ちゃんまでが、
「そうやろう~母ちゃんの機嫌が悪いと、
美味しいもんが食べられんやろ」と(~_~;)

まぁ~呑み助な私ですが、やることだけはやっていますから。
どんだけ、酔っ払っていても、食後の片付けは欠かしません!
・・・・時々、コップを割りますがwww

c0116730_1351886.jpg



豆地獄から開放されたほっこり家。
最後のスナックエンドウを、海老と炒めました。

c0116730_13522426.jpg


海老とスナックエンドウのマヨ炒めです。

海老は殻を剥いて、黒い筋をとっておき、
酒・塩コショウ・卵白 1個と混ぜ合わせて下味。
作る時に片栗粉を入れて混ぜ合わせて、油で炒めます。
この時のポイントは、プライパンに並べたらいらわないこと!
あまりいじくると、衣がはがれて美しくありません。


海老の殻は捨てないで~バターで炒めて、塩コショウし、
白ワインを注いで、水も加えてスープをとっておきましょう。
翌日はこのスープに生クリームを入れて
「海老クリームパスタ」にすると美味しいですよぉ~

あっ、脱線・・・・マヨネーズソースの分量は
中華スープ 1/4カップ・砂糖 大さじ1/2・酒 大さじ1
マヨネーズ 大さじ4・塩 少々です。

仕上がりに水溶き片栗粉でとろみをつけます。

それから、最後のソラマメも収穫してしまい、保存用に冷凍

c0116730_1411955.jpg


さっと茹でたソラマメを薄皮からチュッと出しまして、
熱伝導の良いアルミのバットに並べます~~
この並べる作業も気分が乗っているときにはイイんですが、
気分が乗っていないときには、
ブツブツと文句を言いたくなっちゃうwww

面倒な用でも、ここまでやっとかないとね~
いざ、使う時になって慌てますから。
バラ凍結にしておけば、使いたい分だけパッとね(*^^)v
[PR]
by hokkori-hime | 2012-05-24 14:09 | その他
2012年 05月 06日
干し筍
こんにちは~GWも最終日。
筍掘りと畑仕事で終わりました。

そのタケノコをお日様の力を借りまして、干し筍に!

まずは、茹でた筍をスライスしていくんですよぉ~
それを重ならないように、盆ざるに広げて乾かすだけです。

c0116730_11262048.jpg


c0116730_11274586.jpg


4枚の大きな盆ザルに広げておいた筍。

乾いてしまえばたったこれだけ?てな減り具合(-。-;

まぁ~水で戻せば元に戻るんですけどね~

ジプロックの大 1袋分できました♪
我が家のピンチを救ってくれる、お助け乾物(^^♪

晩ご飯

c0116730_11293432.jpg


筍ご飯、姫皮のお吸い物、卵焼き(海老のすり身、三つ葉)
お豆さんのスナックエンドウとウインナーの炒め物

c0116730_1130428.jpg


筍と蕨の炊き合わせ
蕨はコレにて終了です~もうお山にも無いだろうからね。

そして・・・・

我が家の新入り(笑)

欲しい、欲しいぃ~と、思っていた冷蔵庫♪
とうとう買っちゃいました。

前のが壊れたわけでもないからさ、もったいないなぁ~
の気持ちも大きかったんですが・・・・

c0116730_1140558.jpg


前の冷蔵庫は2ドア、470リットルでした。
棚をはずして掃除もしやすいと買ったけど、
野菜室がせまくてね~
それに、ドアポケットが壊れてさ、

c0116730_11413386.jpg


ガムテでベタベタに補強していたのよ、


新入りさんは、東芝かパナかと悩んだけど、
パナさんに決定。

c0116730_11434193.jpg


前の冷蔵庫よりもスリムなんですけど~
内容量は501リットルと大きい!
技術の進歩は目覚しい!!

野菜室が一番下、2段目が冷凍庫、すべて全開します。

パナはトップユニットといってです、さらにナノイーとエコナビ
夜はランプがついています。

ネットで買ったからすんごくお安く買えました~
さらに、コジマネットだったので、10年間保障付♪
[PR]
by hokkori-hime | 2012-05-06 11:50 | 保存食
2012年 03月 19日
ドブロクの出来上がり
こんにちは~暖かくなってまいりました♪
我が家のお座敷梅ちゃん、今か今かと待っていましたらようやく。

 3月15日にはパンパンに膨れ上がった感じ。

c0116730_1142996.jpg


 3月15日 夕方には・・・・開き始めました。

c0116730_1153119.jpg


 3月16日には満開に♪

c0116730_1133963.jpg

 
 今年は寒かったので、梅の花も咲こうか、咲くまいか迷ったようです。


c0116730_1175162.gif



 さてさて、3月3日に仕込みましたドブロク。
 ようやく出来上がったようです。

 モロミを漉すわけですよね~どうやるのが一番良いのか??

c0116730_119529.jpg


 半分はさらしの袋に入れまして、シタミ汁を受けます。
 でもね~この方法はモロミが詰まるようで、なかなか絞れませんw

 もう半分は、ざるに直接流しいれて一晩待ちまして、
 翌日さらしの袋に移し変えましてシタミ汁を受けます。

 かなり絞れたようですが・・・・まだまだ液体部分がw
 後は・・・・重石を載せて絞るかなぁ~

c0116730_1120064.jpg

 
 ざるで漉して、さらにさらし袋の方法は澄んだドブロクが!

c0116730_11215629.jpg


 とりあえず・・・・酒の空き瓶に詰めてみました。
 気になるお味はね~呑みやすいですよぉ~
 ドブロクにしてもにごり酒にしても、呑みやすいのでついつい呑みすぎて
 腰が立たなくなるなんてことも(笑)

 アルコール度数はどのくらいなんでしょうね~
 私は毎晩泡盛の40度を飲んでいるので、そんなに高くは感じないけど・・・・
 でもね~おなかに入ってからキュゥ~~っと、熱くなってくる感じ。
 それゆえ・・・・市販の日本酒よりは高いでしょうね。

 私、泡盛は飲みますが、日本酒は苦手だったんですよ。
 でもねコノドブロクは甘すぎず、水っぽくもないし、酸味もほどよいです。
 こりゃぁ~大きな声では言えませんが、ドブロク作るべきですな。
 
[PR]
by hokkori-hime | 2012-03-19 11:33 | 保存食
2012年 03月 15日
塩ポン酢&醤油ポン酢
 こんにちは~昨日は大きな地震が!!
 ニュースの中でブロ友さんがいらっしゃる地域だと、「大丈夫かなぁ・・・・」と。
 大きな被害が出ないことをお祈りするばかりです。

 さて、土曜日以来のがんばりを持続しているほっこりですが、
 月曜日には「醤油ポン酢」(目指せ!馬○村風)を仕込みまして、
 その翌日の火曜日には「塩ポン酢」を仕込みました。

 まずは「醤油ポン酢」から・・・・

c0116730_1328665.jpg


 一応分量をば。
 鍋の中はみりん 450cc・酒 450ccです。
 風味原料の出し昆布・鰹節。
 
 昆布を入れて火にかけて、沸騰前に取り出して鰹節を投入、火を止めます。
 さらしで漉して絞ります。
 そこへ橙の絞り汁 3リットル。
 写真に撮り忘れましたが、醤油 1・5リットル・薄口醤油 1・5リットル。
 さらにみかんの果汁 約1リットル分です。

 これで出来上がりです。

 これはかなり量が多いですよね~
 でも、待ってくださってる方がいらっしゃるので、毎年このくらいは。
 我が家用の分は1升ビンに3本ほど。

 作りやすい分量を書いときますね。
 橙(カボスやスダチ、柚子等混ぜても)      200cc
 
 醤油・薄口醤油                   各100cc
 
 みりん・酒                      各30cc
 
 出し昆布・鰹節                   適量
 
 みかん果汁(果汁100%のストレートでも)   2個分くらい


c0116730_13472770.jpg



 塩ポン酢

c0116730_134908.jpg


 塩ポン酢は夏を越すと醗酵するのか?して、コシがなくなり、
 パンチがなくなり、甘みが強くなります。
 夏前に火入れをして、調整すればよいかも・・・・

 鍋にみりん 2・7リットル、生協の純米本みりん 3本を使っています。
 酒 900cc、風味原料の昆布を入れて火に掛けて、
 沸騰前に取り出し、鰹節を加えて火を止めます。

 それをさらしの布で漉して、砂糖 180グラム・塩 240グラムを溶かし、
 橙の絞り汁 3リットル・柚子の絞り汁 600cc・米酢 600cc

 これで出来上がり。

 醤油ポン酢同様にこの塩ポン酢も人気があって、待ってくださっています^^
 我が家用の分は同じく1升ビンに3本分です。

 こちらも作りやすい分量を書いときますね。

 橙果汁 250cc 柚子果汁 50cc・米酢 50cc・みりん 250cc
 酒 50cc・砂糖 15グラム・塩 20グラム・出し昆布・鰹節です。

 塩ポン酢というくらいですから、塩は良いものを使ってみてくださいね。

 今回の作業で鰹節を大方1本使いました。

 それで~いつもの鰹節屋さんに電話で注文。

c0116730_1443866.jpg

 
 鹿児島の丸久鰹節店

 本枯れの背の部分のみ5本送っていただきました。
 1キロ 5000円です。
 今回は「亀節」を混ぜてもらおうと考えていたんですよ・・・・

 以前に魚山人さんのブログに「亀節」について質問させていただいたのですよ。

 
亀節は「極上の吸出し」もとれるし、煮炊き出汁もとれるし、
 食べる用途にも使えるお得で便利な鰹節です。
 亀の一番の特徴は「大きくて持ちやすい」で、
 これは「削りやすさ」につながります。
 とても削りやすいんですよ。
 刃へ接する面積が大きいですからね。

 背の方は吸い物や奴・サラダのトッピングに、
 腹側は味噌汁や煮炊きにと削り分けるのも面白いです。


 と、お返事を頂いていたんですよ。
 私も知らず知らずに、料亭のまねっこで本枯れの背節がいいと!
 思っていましたもの。

 しかし~丸久さんでは亀節は無いとのこと・・・・残念><
 機会があればぜひ使ってみたいものです^^
 
 
c0116730_1425122.gif



 水曜日はジャガイモ植え付け♪

c0116730_14261124.jpg


 ようやく、ようやく・・・・ジャガイモを植えつけることができました。

 水曜日は高校入試の面接日で息子ドンも休み。
 3人そろって畑をしました~
 息子は耕運機をかけてくれ、私とおとうちゃんは草抜きに収穫。
 
c0116730_14302935.jpg


 息子ドンもズイブン上達しました~スイスイ、スイッってね。

 3人で畑をがんばると、はかがいきますね~(^^)v

 でっ、久しぶりに畑を見回して・・・・お豆さんの所の草を抜かなくっちゃ、
 豆の手も立てなくっちゃとか、サトイモの植え場所も用意しなくっちゃとか。
 とか、とか・・・・あぁ~忙しくなってきましたよぉ。
[PR]
by hokkori-hime | 2012-03-15 14:38 | 保存食
2012年 03月 12日
麦味噌の仕込み
 こんにちは~またまた、昨日から寒さが戻ってきましたwww
 風が強いし、冷たいし・・・・春はまだなのね。

 そういえば・・・・我が家のお座敷梅も足踏み状態。
 あと少しで咲きそうな感じなんですが・・・・

 さて、土曜日には恒例の橙ちぎりに家族3人で行ってきました。
 だいたいは2月のうちに行くんですけどね~
 今年は週末は雨や雪で行けませんでした。
 一人あたり米袋一杯を目標にK山さん家の畑でちぎらせていただきました。
 
 K山さん、いつもありがとうございました。
 ポン酢が出来上がりましたらお持ちしますね^^

 あぁ・・・そうそう、タイトルは麦味噌の仕込みでした。

 金曜日に出来上がった麦麹2キロをもらいに行ってきまして、
 仕込みは日曜日の朝からでした。
 
c0116730_11364244.jpg


 その麦麹です・・・・2キロってお願いしていたのですが、2.5キロありました(笑)
 田舎の看板もない麹屋さんゆえ「だいたい」なんでしょうか??

 塩は600グラムにしました。

 大豆 1キロは金曜日の夜から3倍の水に浸けておきまして、
 土曜日からストーブの上でコトコト炊いて準備していたんですよぉ~

 麦麹 2.5キロに大豆が1キロ・・・・塩は600グラムにしました。

 麹と塩を混ぜ合わせて「塩きり麹」に。

 柔らか~くなった大豆をすりつぶします。

c0116730_11433722.jpg


 ひろさんから頂いたボニーのミンサーが大活躍♪♪

 本当に優れものですね!!

 アットゆうまにすり潰した大豆と塩きり麹を合体!

c0116730_11462312.jpg


 よく混ぜ合わせた物を味噌玉にしまして~

 焼酎で消毒した容器に『エイヤッ!』と投げつけて平らにならします。
 この作業はスカッとします(笑)

 表面にも焼酎をかけて・・・・ラップでふたをして出来上がり・・・・

c0116730_11485984.jpg


 麦味噌は水分が多いほうがいいとの事を聞きましたので。
 大豆の茹で汁を少し多めに入れました。

 初めての麦味噌、どうなるかなぁ~?楽しみです^^


 自画自賛ではないですが・・・・
 私、日曜日は本当に、ほんとうにっ!よく働きました。

 だってね、朝早くから麦味噌の仕込みでしょう~
 昼ごはんを食べてからは家族3人でちぎってきた橙を絞ったんですよぉーー

c0116730_11524133.jpg


 台所の流しが橙であふれかえっていたんですよぉーー
 お父ちゃんは橙を洗って、半分に切る役。
 
 母ちゃんと息子は絞り役。

c0116730_11541718.jpg


 絞っても、しぼっても、終わらない。

 米袋二袋分の橙を絞りきりました!!

c0116730_11573520.jpg


 全部で大方6~7リットル分果汁が取れました。

 しょうゆベースの橙ポン酢に塩ポン酢はまた次回アップいたします。
[PR]
by hokkori-hime | 2012-03-12 12:00 | 保存食