タグ:季節の果実 ( 51 ) タグの人気記事
2012年 10月 26日
栗の渋皮煮
ご近所さんから立派な栗を頂きまして~♪
これはもう!渋皮煮にするっきゃないですね^^

c0116730_14193254.jpg


しばらく水に漬けておいてから、鬼皮を包丁で剥きむき。

c0116730_1420044.jpg


渋皮のみになりました。


コレを灰アク汁の上澄みで、コトコト30分くらい煮ます。
鍋の中は赤茶色に・・・・

水を静かに加えて、手を入れても熱くない位に冷まして、
渋皮の栗にこびりついたスジ等を取ってあげます。

c0116730_14205248.jpg


さらにその栗を鍋一杯の湯で、アクを取るために10分ほど。

その後は、蜜で煮るのみです。
鍋に栗の7~8割の砂糖に水を1カップほど加えて煮溶かし。
つるつるのいベッピンさんの栗をコトコト煮ます。

c0116730_14213567.jpg


今年も立派な栗の渋皮煮ができました^^
[PR]
by hokkori-hime | 2012-10-26 14:22 | 保存食
2012年 03月 07日
八朔のマーマーレード
 おはようございます^^
 週末に息子を手伝わせて麦味噌を仕込もうと考えていたのですが・・・・・
 肝心の麦麹ができていません!!

 それで糀屋さんに電話してみたのですよ。
 そしたらね~「忘れていました。」(-.-)だって。
 田舎の看板も出していない糀屋さんゆえ仕方ないですね~
 金曜日には出来上がるそうです。
 ということは・・・・週末は味噌の仕込だね^^

 さてさてみかんが終わって、イヨカンや八朔に文旦等のかんきつ類たくさん出始めましたね。

 我が家も生協のノーワックス・無農薬のものを毎週頼んでいます。
 それを使ってこの時期にお決まりの「マーマーレード」や「ピール」作りです。

 まずは・・・・八朔のマーマーレード

 
c0116730_91950100.jpg

 
 今回のマーマーレードはとっても、とっても良いできでしたよぉ~
 味見させられないのが残念!!

 普通は皮だけでマーマーレードにするのが一般的ですよね。
 私は丸ごと、皮も実も使いました、3個分です。

 ホーロー鍋に剥きとった実をバラバラにしつつ入れます。

 皮のほうは白いワタの部分を包丁を寝かせてそぎとる感じ。
 その皮をたっぷりのお湯で茹でます(1~2分ほどかな)。
 水にさらします(1時間ほど)。
 その皮を絞って薄切りにして実の入ったホーロー鍋に加えます。

 砂糖を同量加え、水 3カップも加えてコトコト煮ていきます。

 ここでポイント、冷めると硬くなるのでチョッとゆるいかな~位で火を止めましょう。
 コアントローがあったのでタラ~っと加えちゃいました(笑)

c0116730_9292257.jpg


 消毒した小瓶に詰めて出来上がり♪
 お日様色したマーマーレードは元気が出てきますね^^


c0116730_931635.gif



 今日のどぶろく・・・・

c0116730_9315727.jpg

 
 口が小さいので暗くて判りづらいのよねー

c0116730_9341140.jpg


 ご飯を炊いた時のような~カニの穴がたくさん。

 そしてね~~香りが今朝は変わりました!!

 お酒の香り・・・・アルコールの匂いがしてきましたよぉ~
 今のところは順調・順調(^^)v
[PR]
by hokkori-hime | 2012-03-07 09:36 | 保存食
2011年 12月 01日
金柑の甘煮
こんにちは~とうとう、12月に入ってしまいました。
私、先週末から喉の痛みが・・・・こりゃぁ~イカンと、ルゴールをペロリンちょっと。
翌日には良くなるかと思いきや、咳に痰まで出始める始末><
日曜日で病院はお休み、「カイゲン」を飲んでしのいでいましたが、
夜にはゾクゾクと悪寒に節々まで痛くなり・・・・熱まで出てきました。
思い当たるのは・・・・「インフルエンザ」症状はインフルですよね。

月曜日の朝一番に診療所へ・・・・

粘膜を擦り取られての検査結果は、「マイナス」 なんだ、インフルじゃなかったのね。

お薬をもらって帰りました。

不思議なものでインフルではないと判れば、少し元気に(笑)

気温差が激しいこのごろ、皆様もご用心くださいませ。

c0116730_13163696.jpg



さてさて、ご近所のNさん宅から立派な金柑をいただきました。

c0116730_13181154.jpg


大きくって、立派でしょう~
早速甘煮にしますね~

c0116730_13191225.jpg


まずは、皮にプツプツと楊枝で穴を開けていきます。

鍋にお湯を沸かして、穴を開けた金柑を投入。

ざるに打ち上げます。

もう一度お湯を沸かして、金柑を投入。
皮が柔らかくなるくらいまで下茹でします。

ざるに打ち上げておきます。

ホーロー鍋に水・砂糖を入れて煮溶かしておきます。

つくりやすい分量として・・・・
金柑       300グラム
砂糖       180グラム~200グラム(お好みで)
水        1/2カップ

お鍋でコトコト炊いていきます、キッチンペーパーを上に被せておきます。

仕上がり際に醤油をたら~っと、ひとたらし。

c0116730_1327138.jpg
 

最後の醤油のひとたらし・・・・は辰巳芳子さんの本で知りました。
甘ったるいだけの「金柑の甘煮」とは違い、すっきりと一本スジが通ったようなお味。

まだ少し咳が出ますので、さっそくお湯を注いで金柑湯にしました。

c0116730_13294024.jpg


金柑は咳止めの妙薬とか・・・・確かに喉のかさつきを抑えて、咳を沈めてくれます。

サンゴ玉のような金柑を見かけたら、ぜひ、作ってみてくださいね。


c0116730_13321362.jpg



晩御飯

c0116730_1333478.jpg


金目鯛と白ねぎの鍋。
シンプルな鍋です、金目鯛は塩を薄く当てて、さっと霜降りにしてから鍋に入れています。
白ねぎは縦半分に切っていただきます。

味付けは、昆布を敷いた土鍋に、水 3カップ・酒 大さじ1強・薄口醤油 大さじ3弱です。

小鉢に各々 汁と一緒に取り、柚子胡椒や七味を振って頂きます。


c0116730_13391448.jpg


この間のしめ鯖の尻尾の部分が残っていましたので・・・・
大根とにんじんでなますにしました。

大根なますにしめ鯖を入れたのは大好きな組み合わせ♪
[PR]
by hokkori-hime | 2011-12-01 13:44 | 保存食
2011年 10月 11日
りんごバター♪
こんにちは~3連休は良いお天気でしたね~
我が家は何処へ行くでもなく、何をするでもなく、平常どおりの日々でした(・_・;)

毎日畑に行っては、ピンセット片手に白菜にキャベツ、ブロッコリーの虫退治。
毎日見ているにもかかわらず、毎日いるのよねwww

さて生協で「紅玉りんご」が出始めました^^
スーパーではあまり見かけない紅玉ですが、生協では毎週注文するんだ~

c0116730_13494785.jpg


>今年は4月~5月にかけての遅霜の影響で、サビ果や変形果の被害が出ているそうですが。
  
 生産者さんにはがんばって作っていただきたい。

さてこの紅玉りんごは何に・・・・まずは、「りんごバター」です。
このレシピはchidoriashiさんに習ったものです。

c0116730_13534723.jpg


芯を取った皮付きのリンゴをスライスします。(大きめの2個分)
耐熱ボウルに、無塩バター 1箱(200グラム)、砂糖 150g、
スライスしたリンゴとレモン汁 少々を加えて、落し蓋代わりのラップをのせて、
さらにラップをフワッとかけて500Wのレンジで5分、
取り出してから上下を返して混ぜます。
さらに、加熱・・・・リンゴがトロトロになればOK(全部で10分ほど加熱)

バーミックスを突っ込んでガーッとペーストにすれば終了。
この時に汁が飛ぶと熱いです!!気をつけましょう。

c0116730_140738.jpg


消毒した保存ビンにつめたら出来上がり~
コレはプレゼントにしてもとっても喜ばれるんですよぉ。


c0116730_142820.gif


芋の持ち味

畑で取れた里芋、今回はばあちゃんが作ってくれるような煮っころがし。

c0116730_144256.jpg


畑から掘りあげた泥つきの里芋、ばらしてからザット洗ってから皮を剥く。
皮を剥いた芋を水にさらしたり、茹でこぼしてぬめり取りもしません。
ぬめりの中にも里芋の旨味があると思うんです、専門的なことはよく判らないけど・・・・

水に頭とはらわたを取ったイリコと出し昆布を浸しておきます。
その中に皮を剥いた里芋をポイポイっと入れて火にかけます♪

煮立ったら火を弱めて、砂糖 少々・酒 大さじ4・醤油 大さじ3~4・みりん 大さじ1を加えて
ことことと煮ます。

ほっくりとネットリとした芋がたまりません~
[PR]
by hokkori-hime | 2011-10-11 14:21 | 保存食
2011年 10月 07日
栗の渋皮煮
こんにちは~2,3日前には寒くって、コタツ布団がほしいくらいw
昨日からは少し暑いくらいの気温・・・週末はお天気がよさそうです。

さて、前回の続きの栗を使いまして、「栗の渋皮煮」です^^

段取りとしましては・・・・
栗の皮を剥く前に、ストーブの灰に水を注いで灰あく汁の準備から。

c0116730_1057890.jpg


濁った灰あくの澄んだ上水を使っての栗のあく抜きです。

灰あく水が澄むまでの間に栗の鬼皮むきです。
栗のお尻の部分の境目に包丁を当てて、引き剥がすような感じで。

c0116730_10582225.jpg


ホーロー鍋に渋皮の栗と灰あくの上水を静かに注いで煮ていきます。
弱火でコトコト30分くらいかな。
赤茶色の煮汁・・・・

c0116730_10592276.jpg


煮あがったら静かに水を注ぎ、手が入れられるくらいの温度まで下げて、
栗に残った筋を指でこするようにして除きます。

c0116730_10595072.jpg


c0116730_10585836.jpg


つるつるのマーブル模様のべっぴんさん♪

さらに鍋に水と栗を入れて茹でます。
灰あくのクセを抜くとともに、栗を完全に柔らかくするんですね。

時間にして10分ほど、途中で栗を渋皮ごと味わってみてもいいですね。

茹で上がったら水を切ります。

ホーロー鍋に栗の8割の砂糖と水を1カップ加えて蜜を作ります。
水気を切った栗を加えコトコトと30分ばかり煮て火を止めます。
完全に中まで糖分をいきわたらせるために、一晩そのまま。

味は冷める時にしみ込みますからね。

翌日、栗を味わって見てしみ込み加減や甘さを確かめて、

まだしみ込みがたりなかったので、砂糖を少し足してさらに15分ほど

またそのまま1日置いておきました。

翌日、さらに火にかけてから塩少々を加えて出来上がり。

さっそくのお味見(^v^)

c0116730_1104416.jpg


この栗を食べると・・・栗は渋皮煮に限るわ~とシミジミ思います。

消毒した保存ビンに栗とシロップを注ぎます。
そのビンをお湯で茹でて煮沸消毒して出来上がりです。

c0116730_111168.jpg

[PR]
by hokkori-hime | 2011-10-07 11:02 | 保存食
2011年 09月 16日
桃ジャム
おはようございます~暑さもようやく一段らくするようです。
今日は曇りで明日からは雨マークが・・・・カラカラの畑には恵みの雨かな。

さて、お買い得な桃を見つけまして、コレはジャムにと・・・・(^v^)
そうそう、皆さんは桃をどうやって食べられます?
皮をむいて、カットするのかな~
コレね、皮をむいてから丸かじりしてみてください~~
いつもの桃と違って美味しいですよぉ。
ただ、手に汁がつたってきますけどね(笑)それも美味しさのうち^^

c0116730_7144799.jpg

少し傷みが出始めていたのでお安かったんですけどね。

ここで果肉がゴロゴロのジャムにするか、例の「マンゴージャム」のように裏ごすか・・・・
今回は手をかけまして裏ごしに決定!

c0116730_7193569.jpg


桃の皮をお茶パックのようなものに入れておきます。
コレで桃色をつけようと^^

c0116730_7174970.jpg


ホーローの鍋に皮をむいてスライスした桃を入れて、砂糖(桃の50%量)レモン汁。
上の桃の皮も加えて火にかけます。
ゆっくりコトコト♪ 仕上がり際に「桃仁酒」をたらり~
火が通ったら桃の皮を絞ってから取り出します、残りの桃を裏ごしにかけます。

c0116730_7231755.jpg


出来上がりは小ビンに3個。
さっそくヨーグルトにかけて・・・・

c0116730_7241114.jpg


う~~ん、桃の香りたまりません!!
それにね~裏ごし効果は絶大ですわよ。
なめらかでクリ~ミィ~♪ 
コレはジャムというよりもソースですね !!
[PR]
by hokkori-hime | 2011-09-16 07:29 | 保存食
2011年 09月 02日
いちじくのコンポート
こんにちは~台風はアッチヘ行ったりこっちへ行ったり・・・・
本日は曇り・・・・風はありますが、蒸し暑い。
被害が出ませんように。

さて、果物が美味しい季節になってきました。
スーパーには梨やイチジクが並び始めました。

そんななか、お父ちゃんがイチジクをゲットしてきました♪

c0116730_13475252.jpg


これね~なんと!!1パックが100円ですわよ!!
良いのを選って、5パック買って来ました。

生でも食べますが、コレはもうコンポートだなっと(^v^)

c0116730_13483351.jpg


砂糖 100g、水 150cc、ポワール酒 150cc、レモン汁 少々、です。
お酒は、白ワインでも赤ワインでもお好みのものを使ってくださいねぇ~
私はこのポワール酒が大好きなんです。
洋ナシのお酒なんですけどね、香りもとってもいいの。

c0116730_13492827.jpg


コトコトと炊き上げたら出来上がり。

c0116730_1349553.jpg


自家製アイスを作って添えて食べますよう~~
出来立てのバニラアイスはクリ~~ミィ~♪
写真を撮ろうとしてる間に、溶けるよぉ~~www
[PR]
by hokkori-hime | 2011-09-02 13:52 | 保存食
2010年 11月 02日
リンゴのコンポート
おはようございます^^ はやくも11月になりました。
昨日の朝、起きてからカレンダーをベリベリと破りつつ・・・・
わぁ~残り2枚だぁ~~と、焦りつつも、弁当の準備に取り掛かりました。

さてさて、秋の味覚の銀杏をお父ちゃんがしこたま拾ってきました。

c0116730_9553946.jpg

玉葱のネットに3袋・・・・かなり、かなり・・・・くちゃい><
拾ってくるのも、作業するのもお父ちゃんが担当。

これ、素手では絶対にさわっちゃダメですからね~~

畑の横の用水路を流れる水を使って、洗浄。
その後、お父ちゃんが長靴で軽く踏みふみ・・・

c0116730_9595780.jpg

くちゃい皮が取れたら、乾燥です。
コレだけで玉葱ネット一袋分です。
今日で2日目ですが、近寄ると・・・・まだくちゃい><
もうしばらく、乾燥しましょう、そうしましょ。



リンゴのコンポート


c0116730_1031388.jpg

紅玉リンゴを使いまして、皮と芯を取り除いてくし型に切ります。
皮と芯はジャムと同様に袋に詰めて一緒に煮込みます。

シロップの分量は・・・・
水 300cc、昨年仕込んだリンゴ酒 300cc、砂糖 200g、レモン汁 少々です。


c0116730_107785.jpg

薪ストーブの上でコトコト・・・・ほら~綺麗なピンク色♪


c0116730_1085830.jpg

消毒した大きめのビンに一つ。
残りはそのまま・・・・アイスに添えたり~アップルパイやパウンドケーキに♪♪

[PR]
by hokkori-hime | 2010-11-02 10:12 | 季節の果実
2010年 10月 17日
アップルジェリー
こんにちは~朝がずいぶん寒くなってきました~
そろそろ薪ストーブの準備も必要ですね。
今年の夏は異常な暑さで、「暑い、あつい、あついぃ~~」と言っていたのに
季節にはかないませんね。

さてさて、紅玉リンゴ仕事♪ 第2弾は・・・・
「リンゴジャム」と考えていたのですが、以前からずっと気になっていた
辰巳良子さんの「アップルジェリー」に挑戦いたしました。

使う紅玉リンゴは、900グラムです。


c0116730_20104685.jpg


ホーローかステンレスの鍋に、丸ごとのリンゴと水900ml
丸のままのリンゴを使うので、ノーワックス、無農薬リンゴがイイですね。

沸騰するまでは強火で、その後はホタホタと弱火で3時間ほど。
ココはあくまで「コトコト」ではなく、「ホタホタ」ネッ。


c0116730_2013287.jpg


さらしの袋に鍋のリンゴと煮汁を入れます。
それを上から吊るしてボウルにしたたり落ちる汁を受けます。
決して絞らずに、時に任せてしたたり落ちるのを待ちます。
一晩かけて汁を取ります。

日本では、お日様の力を借りての「天日干し」や
風の力を借りての「風干し」等ありますが・・・・
この場合は「時仕事」でしょうか?


c0116730_2014643.jpg


ボウルの中にしたたり落ちた汁を鍋に移して、
グラニュー糖を720グラム(リンゴの8割の砂糖です)
辰巳良子さんいわく、「上白糖」ではくどくなるそうです。
コトコトと6割方の量になるまで煮詰めていきます。
アクは丁寧にすくい取ります。
仕上がり際に酸味が足りなければレモン汁少々を加えて出来上がり。


c0116730_20151853.jpg


c0116730_20162284.jpg


ボウルに溜まった汁はうすーい紅茶色・・・・
辰巳良子さんの言われるような美しいガーネット色になるのかしら?
と、心配しましたが・・・・
なんと、なんと、美しい!!宝石のようなガーネット色。
しかも、「ゼラチン」を加えたわけでもないのに、ゼリー状!!

さらにさらに、食べてビックリ・・・・
なんともやさしいお味、どうして今まで挑戦しなかったのかと><
コレはもう、毎年の仕事にしていかねば!!!

「アップルジェリー」なんてごたいそうな、とか思っていました。
リンゴを刻んで作るのは「リンゴジャム」でしかありません、
しかし、コレは「ジャム」ではありません、確かに、「ジェリー」です。



家庭菜園


c0116730_202015.jpg

お彼岸の頃に種まきした「耐病総太り大根」一箇所に3粒の点蒔きでしたが、
すべて間引いて1本になりました。

もちろん間引いた大根は、「大根葉炒りいり」やお漬物でいただきましたよぉ~

c0116730_20235944.jpg

1本立ちになった大根、ゆっくりになったから早く太っておくれ~
おでんやふろふき大根が食べたいよぉ~~


c0116730_2026368.jpg

コレ何かわかります~?
我が家で9月20日に種蒔きした超極早生玉葱なんです。
まだ早いんじゃないかぁ~と、思いつつも・・・・苗が沢山取れそうなのでためしに。

c0116730_20292931.jpg

・・・・実はこんなにちっこいんですwww
毎日水遣りをして一応ついたようですが、これから大きくなってくれるかな??

[PR]
by hokkori-hime | 2010-10-17 20:32 | 季節の果実
2010年 10月 15日
リンゴバター
こんにちは~このところ畑仕事に精を出しているほっこり家です。
白菜に付いた虫をピンセットでつまむ作業から。
新眼鏡が出来上がってからは楽勝でやっつけていますよん(^v^)


c0116730_14312350.jpg

c0116730_14321555.jpg

ニンニクの芽が出て来ました。
毎年植えるのですが、あまりうまくいかなのよね・・・・
なんでも、ニンニクは肥料食いらしくたっぷりと肥料を与えないといけないそうです。
今年は追肥をしっかりしてやろうと考えております。


昨日はお豆三兄弟のピースに絹さや、スナックエンドウの種まき
家では、ソラマメのポット蒔きなどなど。。。。

そんな中いつものように生協から「紅玉りんご」が届きました。

c0116730_14345534.jpg


今年は猛暑の被害か、リンゴの出来が悪いそうで・・・・
900gのところが700gに変更されていました。
chidoriashiさんから習った「リンゴバター」
もう、我が家の定番商品になりました。

作り方は・・・・
芯を取った皮付きのリンゴをスライスします。(大きめの2個分)
耐熱ボウルに、無塩バター 1箱、砂糖 150g、スライスしたリンゴ
レモン汁 少々を加えて、落し蓋代わりのラップをのせて、
さらにラップをフワッとかけて500Wのレンジで5分、
取り出してから上下を返して混ぜます。
さらに、加熱・・・・リンゴがトロトロになればOK。

バーミックスを突っ込んでガーッとペーストにすれば終了。
この時に汁が飛ぶと熱いです!!気をつけましょう。


c0116730_14374335.jpg

c0116730_14382874.jpg

今年も美味しくできました☆
リンゴによってピンクが濃いかったり薄かったりはありますが、お味は関係ないない。

芯の部分に残った種は捨ててはいけません。
保存ビンに移しましょう、そこへホワイトリカーに氷砂糖を加えたら、
myobentoさんに習った「リンゴの種酒」の出来上がり。
リンゴを食べるたびにでた芯の中の種をポイポイと加えていけばOKです。

c0116730_14424028.jpg

[PR]
by hokkori-hime | 2010-10-15 14:45 | 季節の果実