タグ:漬物 ( 104 ) タグの人気記事
2012年 08月 26日
紅生姜~2012~
こんにちは~
お盆も過ぎて、朝はずいぶん過ごしやすくなりました。

さてさて、梅干しにつるびての「紅生姜」が出来上がりました^^
紅生姜は大きく分けて3段階になりますね。
最短でも2週間くらい・・・・時間はかかりますが、
赤梅酢に漬け込んでる時間があるからね。
まずは第一段階。
c0116730_13554748.jpg

新生姜を洗って、薄く皮をむきバットに並べます。
塩をパラパラと振って一晩置いておきます。

c0116730_13581715.jpg

翌日、水気が少し出てアクが出ています、それを拭って半日陰干しします。

c0116730_1359740.jpg

ザルに並べて・・・・途中で必ず上下をひっくり返しましょう。

ここまでが第一段階ですね。
続いて・・・・第2段階、赤梅酢に漬け込みます。

c0116730_1401955.jpg


その後にジプロックに生姜を入れて、赤梅酢を注ぎいれて、
1週間ほど待ちます。
気づいた時(朝起きたときとか、寝る前とか)に、
ジプロックをひっくり返して、よく浸かるようにしています。

c0116730_1455888.jpg


1週間漬け込んだら、今度は天日干し。
ざるに重ならないように並べます。
このときにも必ず上下、裏表をひっくりかえします。

ここまでが第2段階。

続いて第3段階。

c0116730_1471082.jpg

新たにジプロックに干した生姜を入れ、
新しい赤梅酢を注ぎます。
この状態で、さらに1週間待ちます。

第2段階と同じく、途中でひっくり返しますよぉ~

c0116730_149940.jpg


1週間たったら・・・・同じようにざるに並べお日様に当てます。
上下、裏表を必ずひっくり返しましょう。

2度の赤梅酢のお風呂に浸かった生姜はさらに赤く♪

コレで「紅生姜」が出来上がりました。
保存は・・・・梅干しのカメに同居していただきます、
必要な時にカメから取り出し切って使います。

c0116730_14111114.jpg


今年の梅干しのカメに入れました、
上にはしっとり目に干し上げた赤紫蘇で蓋をする感じ。

紅生姜が余った!!って方は、
いらさんから習った「紫蘇生姜」がお勧め。

お稲荷さんやチラシ寿司には絶対に紅生姜ですよね、
新生姜の甘酢漬けでは合わない、間が抜けてる感じw
牛丼にも良いですね~

新生姜もずいぶんお安くなりました、
梅干しを漬けられた方々~紅生姜もいかがですか?
[PR]
by hokkori-hime | 2012-08-26 14:17 | 保存食
2012年 08月 15日
即席茄子の芥子漬け♪
おはようございます^^
お盆はどのようにお過ごしでしょうか~?
我が家はいつもの通りのお盆です。
本日は夕方の第4試合!!
福岡代表の飯塚高校が出ます!
仙台育英と・・・・がんばれ~~飯塚(^^)v

さてさて、即席漬物シリーズ(笑)
茄子も沢山取れ始めまして、お父ちゃんの好きな「芥子漬け」

c0116730_10225779.jpg


c0116730_1024318.jpg


簡単版ですから・・・・茄子(500g)を縦4つ割にして、3cm長さに切りそろえます。
バネ式の漬物容器に入れて、塩 大さじ1を振りかけて混ぜ、ギュゥーッとバネを閉め
一晩おきましょう・・・・翌朝にはびっくりするくらいに水が上がっています。

c0116730_10251135.jpg

翌日、ボウルに粉芥子 大さじ3を入れて、ぬるま湯を注いで固めに練って
そこへ、砂糖 みりん、味噌、各大さじ2を加えよく混ぜ合わせておきます。

c0116730_1026245.jpg


漬物器の茄子の水気をギュッと絞ってボウルに加えて混ぜ合わせます。
以上、簡単芥子漬けです、始めのうちは茄子の紺色が綺麗ですが・・・・
時間が経つと茶色っぽくなります、でも、お味は変わりませんから。
発色剤や色止めのなんたら剤を入れてない証拠ですよね^^

c0116730_10273828.jpg


ツゥ~~んと、鼻に抜ける香りと辛味ご飯にはもちろんですが、
酒飲みさんにも好評です。

色が悪くなるからね~
作ったら直ぐにおすそ分けに持って行きます。
皆さん喜んでくださいますよぉ~


c0116730_10312718.gif


昨年も植えましたが、秋茄子用の茄子の植え付けをしました。

c0116730_10302582.jpg


c0116730_10332269.jpg


7月24日に畑に植え付けました。

胡瓜の種も残っていたので、胡瓜も一緒にね^^

今はずいぶん大きくなってますよ。
種をポットに蒔いたのは・・・・何時だったかな~??

たしか、6月の末ごろだったと・・・・記憶があいまいです。
[PR]
by hokkori-hime | 2012-08-15 10:36 | 漬物
2012年 08月 06日
即席柴漬け
こんにちは~毎日お暑ぅございますね。
皆様、おかわりはございませんか?
私はまぁまぁ元気でござります(笑)
ただ~昼間は家にこもって、ダルダル状態(笑)

やはり、私の電池は午前中までのようです。
夜が早いせいで、朝はめっぽう強く5時には目が覚めます。

朝の涼しいうちに畑に、畑の野菜を使っての保存食作り。

でっ、胡瓜に茄子が取れてたまってきましたから。
前回の梅干しの副産物の「赤梅酢」を使いまして・・・・
「即席柴漬け」いくよぉ~~(^^)v

c0116730_10334256.jpg


胡瓜に茄子を3~4センチ長さに切りまして。
茗荷に生姜の薄切り。

コレに野菜の分量の4%の塩です。

c0116730_10365382.jpg


バネ式の漬物容器に入れまして、一晩おきます。
翌日にはたっぷりの水が上がっていますから、
それをギュッと絞ります。

c0116730_1038173.jpg


そこに
赤梅酢 1/3カップ みりん 大さじ1を加えます。
またバネ式容器で一晩。

c0116730_10514944.jpg


翌日には食べられます。
タッパー容器に汁ごと移して、冷蔵庫へ入れておくとよいです。

c0116730_10443057.jpg


糠漬けもいいですが、
酸味の利いたポリポリ柴漬けもよいものです。

ただし~コレはあくまで即席、インスタント!ゆえ・・・・
長くは持ちません、4~5日くらいで食べてしまいましょう^^

赤梅酢のおかげで簡単に柴漬けが出来ますね♪

もうひとつ・・・・赤梅酢を使いまして。
紅生姜も仕込み中です、又次回アップしますね~
[PR]
by hokkori-hime | 2012-08-06 10:52 | 漬物
2012年 07月 13日
赤紫蘇の梅酢漬け
こんにちは~雨が続いて、被害がでていますね。
さいわいほっこり地方はたいした被害も無く暮らしております。

被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

梅干用の赤紫蘇は使ってしまいましたが・・・・
まだまだ畑に元気な赤紫蘇が生えています。
しかもまだ柔らかな葉っぱなんですよぉ~
コレを使わない手はありませんね。

ということで・・・・めはりおむすびに使えるように、仕込みました。

c0116730_1642453.jpg


赤紫蘇の柔らかで大き目の葉っぱをむしりまして、
ザブザブと洗いますよぉ~でも、破れないように優しくね。

ポイントはむしる時に軸を長く残すことですね^^
こうしておくとまとめやすいです。

10枚づつくらいを輪ゴムでまとめます。

まとめましたら・・・・塩を葉っぱの間にも入れて。

c0116730_1685720.jpg


全部出来上がったら、バネ式の漬物容器で3日ほど。
水が上がりづらいようでしたら、塩水を作って呼び水に。

赤黒い水が出ましたよぉ~

コレを又ざっと洗いまして、水気を切ります。
元のように葉っぱを広げてあげます。

それを又重ねて・・・・バネ式容器へ。

c0116730_16121845.jpg


赤紫蘇を重ね終わったら、梅干の梅酢を注ぎました。

c0116730_1613739.jpg


はい、コレで出来上がり♪

それではさっそく・・・・めはりおむすびを。

c0116730_1614277.jpg


ぐふふ、美味しいですよぉ~~

昔、むかし、この赤紫蘇の葉っぱを買ったことがあるのですが、
手がかかるからでしょうか?すんごく高かった><

赤紫蘇が生えてるご家庭はぜひ、作ってみてくださいなぁ~~
[PR]
by hokkori-hime | 2012-07-13 16:17 | 保存食
2012年 06月 27日
胡瓜のピクルス
こんにちは~雨ばかりですね。。。。
さすがに畑の大根やほうれん草が傷み始めたようですw
大根は病気が広まらないように、早く抜きたいのですが・・・・
この雨で思うようにいきません(-_-)

トマトが取れ始めて、ナスに胡瓜も・・・・
胡瓜にいたっては、12本も植えていたので食べきれないw
なんとか保存しましょうと♪
「キュウちゃん漬け」かピクルス?
我が家ではキュウちゃん漬けは人気が無いので、ピクルスに。

まぁ~ピクルスといっても、和風の即席漬け。

c0116730_1316690.jpg


もぎたての胡瓜~5本に見えますが、6本です。
c0116730_13171488.jpg


縞目に皮をむいて、1~2センチの輪切りに。
玉ねぎ中1個分も薄切りにして、一緒にボウルへ。

塩 小さじ2杯を入れて混ぜ合わせて、お皿の重し。

c0116730_1319566.jpg


1時間ほど置いておきます。
途中で上下を返しますよぉ~

その間に合わせ酢の用意。

小鍋に砂糖 2/3カップ 酢 1カップ半を火に掛けて、
砂糖を煮溶かして冷ましておきます。

スパイスも用意。
c0116730_13231376.jpg


粒黒胡椒 ローリエ クローブ ですね。
写真に撮り忘れましたが、冷凍庫の山椒の実も加えます。

さぁ~仕上げです。

重石をはずして、胡瓜と玉ねぎをギュッと絞ります。
さらしの布巾で絞るとやりやすいです。

水気を絞った胡瓜に玉ねぎ、スパイスを加えて、
冷ました合わせ酢を注いで出来上がり♪

c0116730_13263097.jpg


市販品では「美味しい~」と、思えるものにめぐり合ったことが無い私ですが、コレは簡単で我が家の口に合うのです~

お昼のパスタの時やなんかには持って来いの漬物です。

胡瓜が沢山取れたら作ってみてくださいなぁ~~
[PR]
by hokkori-hime | 2012-06-27 13:30 | 漬物
2012年 06月 17日
お知らせ
こんにちは~昨日は1日中雨でした。
入梅しましたから、当然といえば当然なんですが。
あまりに降るとね~怖いですよね。

さてタイトルのお知らせは、今年の糠床当選者の方へ。

我が家の胡瓜やナスがようやく取れ始めまして。
糠漬けにして見ましたら・・・・??
いつもの糠床の味になってないw
冬場も休ませずに、山椒や青胡椒と手入れはしていたのですが。
畑の野菜が取れ始めるのが遅かったせいで、
本来の味になってない気がします。

c0116730_1332292.jpg


そこで、当選された皆さんにお願いです。

まずは、山椒の実を半殺しにしてたっぷり加えてください。
青胡椒、なければ赤唐辛子でも結構ですから加えてください。

さらに野菜の皮や切れ端等の捨て付け野菜を
どんどん漬けてくださいませ。

このすて漬け野菜の効能は、野菜の酵素を取り入れるため。
丁度糠床のかめの中で「万田酵素」を育てる感じですね。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by hokkori-hime | 2012-06-17 13:38 | 漬物
2012年 06月 01日
162年もの糠床プレゼント♪
ほっこり日記」も今年の5月1日でまる5年を迎えました。
毎度まいど、同じことの繰り返しの日記。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さて、もう恒例となりました、「糠床プレゼント」
このブログでも今までに13名のお宅に嫁入りいたしました。
ご近所を入れれば、いったい何件のお家に嫁がせたことやら
娘糠床は元気に暮らしているでしょうか・・・

別館の糠漬け館にも書いていますが。
我が家に嫁入りしてから、22年経ちました。
本家には代々受け継いできた女達の名前の載った家系図があるくらい。
本家の様子は別館のこちらを見て。
我が家の糠床は一般的な糠床と違い、糠みそ臭くないです。
図書館で調べたところ、この糠床は「小笠原株」らしいと判りました。
小倉小笠原藩に伝わるもので、
今でも小倉城の漬物館に当時の株が伝わり受け継がれています。
また、この小笠原株は乳酸菌の種類が通常のものと違い、
芳香性が特徴な菌だそうです。
 
一般的な糠床と違い、水抜きはしません。
硬くなったらオールモルトビール(エビス)を注いでやるくらいです。
それゆえ、お持ちの糠床と混ぜることは出来ません。
乳酸菌の種類が違いますから、
まったく別のものになると思われます。

c0116730_9112721.jpg



             
嫁ぎ先の方の感想をば・・・・

<ぬか床、届きました!!箱を開けた瞬間、衝撃でした!
こんな香りのいいぬか床は初めてです!台所中とってもいいにおいで
手についたぬか床の匂いをいつまでもクンクンと嗅いでしまいます(笑)
 
<開けた瞬間、ものすごーく良い香りがしてびっくりでした。
我が家の今まで育てていた糠みそとは大違いです。

<糠床を混ぜると手が臭くなって嫌って人がいるけど、この糠床を混ぜた後の手は
なんかすごく良い匂いだ。おまけに、何でか知らないけれど手がツルツルになる。
今もキーボード叩きながら、自分の手をクンクン嗅いじゃってます。
            
等々の嬉しいお言葉をいただいております^^

c0116730_9142868.jpg





これからの季節、ぬか漬けは美味しいですよね~
            
漬物って、お店で買うと高いでしょう~
糠床があれば、毎日美味しいお漬物がいただけますよ。
ジプロックのフリーザーパックの大サイズ一杯送ります。

募集人員は、5名様とさせていただきます。

ただし、『着払いでも162年ものの糠床欲しい』という方のみ、応募くださいませ。
我が家は決して裕福ではありませんので・・・・送料の負担のみお願いいたします。
お返しとかは気になさらないでください。

出回ってきている「山椒の実」をストックできる方限定でお願いいたします。
1キロは確保していただきたいです。
我が家の糠床は山椒が命ですから。

育て方のレシピも同封いたします。

今から先着10名様までで締め切って、抽選の上5名様にお送りいたします。
            
どうぞよろしくお願いいたします。


応募が10名に達しましたので締め切らせていただきます。

明日にでも抽選いたしますので、応募された10名の方
今しばらくお待ちくださいませ。

抽選結果はこのほっこり日記で発表いたします。
[PR]
by hokkori-hime | 2012-06-01 09:24 | その他
2012年 04月 02日
摘み草 2
こんにちは~小学校の桜の木が開花を始めました。
ところが・・・・また、寒さが戻ってきて、朝が寒いの!!
4月に入ったというのに薪ストーブを焚きました。

さて、摘み草ですが、川土手や田んぼの畦によく生えているノビル。
ニラやネギに似た感じで地下茎?がラッキョに似た玉ができます。
ユリ科でネギ属になります。

地下茎は酢味噌で食べると美味しいんです^^

c0116730_13351356.jpg


これがね~酒にあうのよっ!!

葉っぱの方は小さく刻んで味噌汁にしました。
c0116730_1339543.jpg

豆腐・油揚げ・シイタケ・ノビルの葉っぱですね~
仕上がりに溶き卵をたら~っと。

息子命名の「ノビ玉汁」だそうです。

それから・・・・芹がたくさん取れていたのですき焼きに。

c0116730_13361542.jpg


牛肉は切り落としの売り出し品ですよぉ~(笑)
そうそうお高い肉は使えません。

それからね~からし菜を今年は食べていないと、
ひろさんのコメレスに書いていたら、お父ちゃんが採取してきました^^

塩を振って、まな板の上でズリズリ・・・・バネ式の漬物容器へ。

c0116730_13462067.jpg


お漬物おいしい~鼻にツゥ~ンと抜けていきます。

白ご飯に乗っけて・・・・

c0116730_13493932.jpg


ご飯が進みますよぉ~~

そろそろ、蕨も出てくるころ・・・・畑も気になりますがお山も気になります~
[PR]
by hokkori-hime | 2012-04-02 13:52 | 旬のもの
2011年 12月 25日
ひの菜のさくら漬けとごほうび♪
おはようございます^^
クリスマスは寒くなりましたね~イブの朝は本当にうっすらと雪が!!
ブログの更新をと思いつつも・・・・
午前中はエンジン全開で大掃除!

午後からは電池が切れてぐったり(笑) PCに向かえずw
それでも何とか終わらせることができました。

後はお正月のおせちに向けてがんばりましょう^^

さて、我が家の畑・・・・いつまでも暖かかったりで虫君達が元気でwww
あまり良いできばえではなく、ご近所さんからいただくばかり。

いらさんが紹介なさってた「ひの菜のさくら漬け」がとっても、とっても美味しいそうで。
畑にあるひの菜の良いのだけを持ち帰りました♪

ひの菜って、こちらではまったく見かけないんですよぉー

c0116730_6365133.jpg


洗って量ると・・・・950グラムありました。

まずは下漬け、ひの菜の5%の塩を用意してまな板の上でスリスリ。
ねじ式の漬物容器で一晩。

c0116730_6392523.jpg


翌日は水があがっています。

まずは漬け液の準備。
いらさんが書かれているとおり・・・・

漬け液の基本は 米酢・酒・砂糖を同量。
カップ1/4ぐらいずつを目安にして 酢を多め、砂糖は少な目に作っています。
旨みに昆布茶少し・・(うちは買い置きがないので いつも小さいだし昆布で)

我が家も昆布茶はありませんのでだし昆布をカットして用意^^

小鍋で砂糖・酒・米酢・だし昆布を入れて火にかけ砂糖を煮とかして冷まします。

水の上がったひの菜をギュッと絞って、ジプロックに入れまして
冷ました漬け液を注ぎ、中の空気を抜いて閉めて冷蔵庫に。

c0116730_7255681.jpg


3日くらいで食べられます^^

c0116730_724564.jpg


ほんのりピンクに染まったひの菜♪
ほんに蕪は酢との相性が良いですね~

いらさーん、さくら漬け漬ける事ができましたよ、ありがとうございました。


c0116730_76772.gif



晩御飯

c0116730_774594.jpg


里芋の煮っころがし・シシャモの南蛮漬け・蕪の漬物・味噌汁(大根・油揚げ・椎茸・葱)

c0116730_7103613.jpg

とろとろ湯豆腐♪
小さな土鍋にだし昆布を敷いて、水 300ccに絹ごし豆腐を切ったもの油揚げを入れて

沸騰したら火を弱めて重曹を3グラム加えて、コトコト10分ほど煮ます。

角が取れてとろとろな湯豆腐の出来上がり♪
この油揚げがまた美味しいんですよ~薬味はみじんに切った生姜・葱・大根おろし。
あたたまりますよぉ~


c0116730_765494.gif


クリスマスイブにご褒美が届きました。

c0116730_717767.jpg


素敵でしょう♪
手作りの布ぞうりです、作者は味噌作りデビューを後押ししてくださったひろさん。

そう!あのすぐれもののボニーの豆挽きをくださった方です。

このぞうりいいですよぉ~あまりにきれいなので飾っておきたいくらいに。
鼻緒の布地までがそろっていて美しい。

履き心地もばっちり!!足がきもちいいです。

手作りをがんばっているご褒美ですと^^

とってもうれしいプレゼントでした。

ひろさん、本当にありがとうございました、大事に使わせていただきます。
[PR]
by hokkori-hime | 2011-12-25 07:27 | 漬物
2011年 12月 18日
サボり癖がついています><
こんにちは~風邪引きいらいどうもサボり癖がついちゃっていけませんね、

ブログのほうも更新がはかどっていません、このままでは忘れられちゃうよ・・・・

さてさて、12月の前半戦は風邪引き等で何にもできないまま・・・・
例年ならば12月に入ったとたんに大掃除をやっていたのに。
ようやく手をつけ始めました(笑)

一日一ヶ所づつ・・・・お正月前までに終わるやろうか??

今朝も台所のカーテンに窓ガラス・サッシの溝・網戸と片付けました。
風呂場に洗面所、玄関まわりに台所のレンジ周りの大物が残っています。
予定は27日くらいまでに終わらせること。
28日からはお正月の御節の準備に取り掛かりたいなっと。

あくまでも予定ですけどね^^

家の白菜がどうも、どうも残念な結果なようで><
白菜漬けは無理だなっと思っていたら、畑仲間さんが立派な白菜をくださいました。

c0116730_13164883.jpg


切り分けてから、半日ほどお日様に当てて日光浴。
こうしておくと甘みがつよくなりますね。

c0116730_13182164.jpg


切り口の根元の方に強めに塩をして下漬けです。
3日ほど重石をしておきます。

水の上がった下漬け白菜の水気を絞ってざるにあけておきます。

ここからが本漬けですね。

c0116730_13204210.jpg


漬物ダルに白菜を並べて塩・唐辛子・昆布・柚子の輪切りを入れて段々に重ねていきます。

落し蓋をして重しを乗せて出来上がり。

このときに早く水をあげたいので重石は白菜の目方の2倍ほど乗せます。
水がたっぷりと上がったら、重石を半分にします。

私は目ばかり手ばかりでお塩の分量を量った事はないのですが、
白菜の重さの3パーセントほどでしょうか・・・・

漬け上がった白菜、みずみずしくって美味しいですよぉ~

c0116730_1334448.jpg


今の時期ならどこにでもある柚子やスダチに橙等をギュッと絞ってお醤油をタラッと・・・・
さっくりとした歯ざわりの良いお漬物、食卓を楽しくしてくれますね^^



c0116730_13372857.jpg



晩御飯


c0116730_13394734.jpg

鮭の南蛮漬け焼き白ねぎ添え・南瓜の煮物・白和え(ほうれん草・人参・椎茸・こんにゃく)
味噌汁が見えません><
奥に見えてるのは数の子です^^

我が家の白和えの衣を書いときましょうか・・・・
木綿豆腐 1/2丁・白ゴマ 大さじ2・味噌 少々・砂糖 大さじ1
みりん 大さじ2・薄口醤油 小さじ1/2 です。

豆腐の水切りをしている間に白ゴマを香ばしく炒ってからすり鉢でねっとりするまで摺ります。
味噌少々に豆腐を加えてさらに摺り混ぜてからその他の調味料を加えて出来上がり。

和える野菜は下煮しています。

和え物は時間を置くと水っぽくなるので、必ず食べる直前に和えましょう♪


c0116730_13491792.jpg


肉豆腐(絹ごし豆腐・牛肉・玉ねぎ・葱)
水菜と数の子の芥子醤油和え
味噌汁(大根・椎茸・油揚げ・大根葉)
漬物は高菜漬けです。
[PR]
by hokkori-hime | 2011-12-18 13:54 | 晩御飯