2010年 01月 04日
明けまして・・・・
明けましておめでとうございます・・・・もう、4日も過ぎましたが(^_^;)
皆さん良い年をお迎えのことと思います。
我が家は、元旦の朝には恒例の「朝風呂」で身を清めて家族揃っておせちをいただきました。
何処にも出かけることなく、呑む、食う、寝る・・・・でしたwww
体重計に乗るのが怖いような・・・・(笑)


お雑煮

c0116730_10383250.jpg

丸餅に里芋・蓮根・人参・百合根・鶏肉・紅白かまぼこ・椎茸
三つ葉・吸い口に柚子の皮
お出汁は、かつおと昆布にアゴを少々です。
博多のお雑煮は青みに「カツオ菜」を入れるのですが、
我が畑にカツオ菜を植えるのを忘れていました><
「カツオ菜」は、勝つ男の菜っぱ「勝男菜」と縁起を担いでもいるのです。


馬刺し

c0116730_1045621.jpg

お正月の刺身・・・・コチラでは「ブリ」が多いのですが、
我が家は「ブリ」よりも「カンパチ」「カンパチ」よりも「ヒラス」の方が好きなもので、
今年も「馬刺し」でいきます♪
う~~ん、魚もいいけど馬も旨い!!!



金柑の甘煮

c0116730_10522672.jpg

斜め向かいのAさん宅より「金柑」をいただきました。
金柑は、咳止めの妙薬ともいいますよね~
ざっと洗った金柑の皮にプツプツと竹串で穴を開けていきます・・・・
プツプツするたびに、果汁がほとばしり、金柑のさわやかな香りが!!!
被るくらいの水を入れて皮が柔らかくなるまで煮ます、グラグラ煮ると皮が破けちゃいますw

金柑が300グラムありました、鍋に水 100cc、グラニュー糖 150g~200gを煮溶かして
下ゆでした金柑を加えてコトコト炊き上げていきましょう~
仕上がりに「醤油」をひとたらし・・・・
コレは「辰巳芳子」さんのご本に載っていたのですが、この醤油のひとたらしが侮れない!!
ただただ、甘く煮ただけと違い、味の中に一本筋が通る!!!
種も残ったままで食べづらいようですが、
これもね、昔は包丁で切れ込みを入れて中の種を取っていました、
しかしそれでは金柑の持ち味が全部出ちゃいます・・・・
めんどくさくもなく、なお更味も良いときたら竹串プツプツがいいですね~(*^^)v

今年も昨年・一昨年と同じようなことの繰り返し、繰り返し・・・・
でも、毎年同じものを作り続けることも大切なんではないでしょうか・・・・
それに、金柑一つとっても、昨年の金柑と今年の金柑が違うように、
味加減・煮加減等違ってきます、新たな発見もあるのではないでしょうか。

また今年もどうぞよろしくお願いいたします。

[PR]
by hokkori-hime | 2010-01-04 11:26 | その他


<< 健康第一♪ おせち 重詰め完了 >>